庭の訪問者

庭の花にいろんな昆虫達がやって来ます

今年はキアゲハ、ツマグロヒョウモンが多いようです
オオスカシバもたまに来るのですが、動き回るので
撮るのが難しいです


セイヨウニンジンボクとキアゲハ
珍しくツーショット
IMG_7958 (3)変換burogu




ベロニカとコマルハナバチ
クマバチかと思って撮っていました
クマバチはふわふわの黄色いベストを
着ているので少し雰囲気が違う?
体長2cmくらいでクマバチより少し小さいです

後で検索したらコマルハナバチでした
トラのパンツが可愛いですね
IMG_7047 (2)変換s




ルリタマアザミとクマバチ
こちらはクマバチですね
暑いのに黄色い純毛のベストを着ています
見た目は怖いですがおとなしくて刺すことはありません
ルリタマアザミですが白です
IMG_5102変換トリミングs




セントーレアマジックシルバーとカマキリ
花に来る虫を待ち構えているのでしょうか
IMG_7174変換s




雰囲気は涼しげですが朝からの大合唱はうるさいです
でも10時頃にはピタッと鳴き止むのでまあ我慢出来るかな
まあ彼等にとっては短い夏ですから・・・

トネリコの木が大きくなって沢山止まるので根元から切ったら
今度はモミジにたくさん来ます
来るのはクマゼミばかりです

昔は珍しかったのですがね
逆に昔よく見たアブラゼミ、ニイニイゼミが珍しくなりました
IMG_4756変換s
2017-07-17 12:34 : 生物 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

今日も懲りずにベニシジミ

今朝はマクロを持ってウォーキング
ベニシジミが昨日と同じ場所にいました
今日も懲りずにしゃがみ込んでベニシジミを

日射しが強く昨日の雨で草むらからの水蒸気で蒸し風呂状態
チョウ暑い!

カメラモニターでは昨日(300mm)より鮮明
なのですが、この画面ではあまり変りませんかね

昨日と同じような画像ですが




2017.07.07 撮影
IMG_8365変換2 s




IMG_8070変換s




IMG_8226変換s




ツバメシジミがいました
翅の表はきれいなブルーですが見せてくれません
IMG_8447変換s




ショウジョウトンボ(雄)
全身真っ赤
ついでに翅も赤くして欲しいです
IMG_8633変換s
2017-07-07 17:22 : 生物 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

どこで雨宿り


今朝歩いているとあちらこちらで
ベニシジミを見かけました
10頭はいたでしょうか

昨日の降雨時はどこで雨宿りをしていたのでしょう

帰ったら庭にもたくさんのチョウが来ていました
天候のせいでしょうかね

以下それぞれの場所で背景を変えて



2017.07.06 撮影
IMG_7589変換s




IMG_7830変換s




IMG_7886変換 (2)s




美人は正面からも撮ってあげましょう
IMG_7728変換 (2)s




おまけ
昨日の夕焼け
最後に二番焼けが来ると期待しながら
自宅近くで待っていたのですがそのまま終わりました
IMG_7529変換s


2017-07-06 17:09 : 生物 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

チョウとトンボ


チョウとトンボの撮影
トンボの名前はチョウトンボ
ややこしい

チョウトンボって
チョウなの? トンボなの?
もちろん トンボです




チョウトンボ
羽は幅が広く青紫色、奇麗です
見る角度により羽の光沢が違って見えます
IMG_6531 (3)変換ss




飛んだ後しばらく待っていると同じ花に戻って止まります
IMG_6625 (2)変換s







コムラサキ
オスの羽根の表面はきれいな紫色
国蝶のオオムラサキを少し小さくしたような感じ

カナブンと一緒に樹液を吸っています
子供の頃カブトムシを捕りに行くと樹液が出ている木に
たくさん集まっていましたが、このチョウだったのでしょうかね
IMG_6316変換s




待っているとたまに羽を開きます
見る角度により紫色になりません
IMG_6764変換ブログ s (2)

2017-07-02 18:13 : 生物 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

風にも負けず


子供の頃はどこにでもいたホタル
最近は環境悪化により見られる場所が限定的になりました

ここ福山市の堂々川砂止群周辺では地元の任意団体
「堂々川ホタル同好会」の皆さんによる周辺美化が行われ
年々ホタルの数も増えているようです

この砂止群は江戸時代後期に建設されたもので日本一の
規模を誇り国の登録有形文化財に指定されています

群の中でも一番規模が大きい6番砂止めを背景に
優雅に舞うホタル、地元の写友Sさんにお付き合い戴き、
しばし時間を忘れての撮影を楽しみました

Sさんの話しによると今年は数が少ないとのこと
当日は風もあり少し肌寒い気温で条件が悪かったのですが
遠来の小生がいるのでは飛ばない訳にもいかないだろうと
風にも負けず、飛ばされながらも頑張ってくれました

レンズの近くを飛んでくれず光跡が弱いですが証拠写真ということで



堂々川 6番砂留下流にて  2017.06.12 撮影  コンポジット処理
output_comp12変換 (6)ブログs
2017-06-15 17:01 : 生物 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

管理者ページ