蕎麦と雲海と渓流と / 蒜山、大山周遊記 3


木谷沢渓流から大山まきばみるくの里へ
この暑さではモーたまらんと言いながら牛さん達が朝食
高原とは言えこの日は暑かった~

2019.09.09 撮影
IMG_1859変2s





みるくの里から御机へ
黄金色に実った稲と、ソバの花の白がパッチワーク模様のようです
後ろに見える大山頂上は雲に覆われていた
IMG_5773変換s





蒜山三座を背景に咲くソバの花
一面淡雪が積もったかのようです
時折吹く風に揺れる清楚な白い花、癒されますね
28日頃まで見頃で、10月上旬から刈り取りが始まるようです
IMG_5831cr変換





昨年行った時に出会った人に教えてもらった場所へ移動
ここからは朝日に染まる大山と、ソバのコラボが撮れるそうですが、
行ったのは昼過ぎ、大山は雲隠れ、朝一番に行けば撮れていたかも・・・
IMG_5942変s780





いろんな場所で撮りましたが、何処を切り取っても画になる風景
どれをupするか迷います
IMG_5807変換sIMG_5758s_20190911213534906.jpgIMG_5724cr変換sIMG_5857cr変換2s390

<終わり>

2019-09-12 15:56 : 蒜山 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

蕎麦と雲海と渓流と / 蒜山、大山周遊記 2


鬼女台展望所に到着、雲海の下に見える蒜山高原はボンヤリとしていた
昨年11月にはここから見事な雲海と朝焼け見ているだけに少々物足りない感じ

2019.09.09 撮影
IMG_5557変換2s





振り返れば大山がクッキリと
IMG_5509変換s





鬼女台から木谷沢渓流へ
いつもは誰かが来ているのですが、平日の早朝なので誰もいません
靄が立ち込めて良い雰囲気だったのですが・・・
いつも同じような写真を撮っています
IMG_5692変換3s





ツリフネソウが咲いていたのですが、そろそろ終わりですね
種が出来ていました
IMG_5659変換ss

<続く>

2019-09-11 18:55 : 蒜山 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

蕎麦と雲海と渓流と / 蒜山、大山周遊記 1

蒜山地方の蕎麦の花が満開です
毎年撮りに行っていますが、今年は雲海も撮ろうと思い、
早起きして出かけました

先ずは蒜山ハーブガーデンハービルからの雲海です
雲海は出たのですが、生憎の曇り空、
きれいな朝焼けを見る事は出来ませんでした
何度も通わないと駄目ですね
紅葉の頃、リベンジしたいですが・・・

以下、時系列に順次upです




雲海の向こうにうっすらと朝焼け  ハービルにて  2019.09.09 撮影
IMG_5412トリ変換s





雲海が出ているのを確認出来たので、鬼女台からも雲海を撮ろうと思い、
車を走らせている途中、蕎麦が朝日に染まりかけていたので車を止めた
IMG_5438変換2s





朝日が蕎麦畑を染めた
蕎麦畑の向こうには靄が立ち込めて良い感じだったが、
鬼女台からの雲海が気になり、早々に引き上げた
IMG_5445消去3変換2s

<続く>
2019-09-10 18:44 : 蒜山 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

初夏の蒜山高原

木谷沢渓谷から蒜山高原へ寄って帰路へ


蒜山高原はジャージ牛で有名ですが、広々とした牧草地の緑がきれい
2019.06.13 撮影
IMG_3866変換s





標高500mの蒜山高原、初夏の爽やかな空気が気持ち良かった
IMG_3923変換s





白樺の丘にある「蒜山高原 愛の鐘」
鳴らせば幸せになれる言われている
IMG_3917変換s
2019-06-16 20:37 : 蒜山 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

ブナ林の見事な紅葉 / 大山、蒜山周遊

鍵掛峠から蒜山大山スカイラインを走り大山寺方面へ
ピークは過ぎているとは言え、道路両側のブナ林は見事な紅葉、黄葉が続く



大山寺方面へ向かう途中、車を止めて撮影
全体的にはブナの黄葉が多いが、所々にはこんな紅葉も
2018.11.03 撮影
IMG_6154cr変換2 s




ブナ林のトンネルを走る
この季節のツーリングは気持ち良いだろう
IMG_9646cr変換2s




ブナ林へ少し入り、ふと見上げると降り注ぐかのような紅葉
IMG_6139ss_201811061300384ed.jpg





大山ナショナルパークセンター駐車場に到着、石畳を歩き大山寺へ向かう
午前中は快晴だったが、歩き始めた頃は雲り空で大山はガスっていた
大山寺近くの見事な黄葉
IMG_6204変s





大山寺から大神山神社奥宮へ向かう坂道の石畳と石段
息を切らしながらの上りは日頃の運動不足を痛感

大神山神社奥宮へ到着
参拝後、しばらく休憩
すぐ脇に大山登山道入り口があり、同年配くらいの夫婦が
下りて来られたので話しをすると、朝から頂上まで登り、下山中との事
私も家内もここまで登るのに息を切らしているのに、いやはや頭が下がります
IMG_6200cr変換s





木谷沢渓流
緑が目にしみた夏の風景とは趣が違う秋模様
IMG_6372crトリ変換s
<終わり>

2018-11-07 06:30 : 蒜山 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

鍵掛峠からの眺望 / 大山、蒜山周遊


雲海を撮った後、鍵掛峠へ向かう

紅葉シーズンはいつも混雑する鍵掛峠駐車場だが、
朝、早かったせいか、思いのほか空いており、すんなり駐車出来た
まだ東側は日が差していなかったが、しばらくここで撮影し、次へ向かう



鍵掛峠より大山を望む
先日のニュースで初冠雪が伝えられていた
大山だが、この日は見えなかった
2018.11.03 撮影
IMG_5974cr変換s





朝陽のスポットライトに浮かぶ紅葉
IMG_9463cr変換s





紅葉も終盤を迎え、大山中腹の木々は落葉しているが、
大山、蒜山スカイライン沿いは未だ紅葉
赤い車を待っていたのですが・・・
IMG_9501cr変4 ss





鍵掛峠近くから見えた雲海
IMG_6031cr変換ss
< 続く >

2018-11-06 06:00 : 蒜山 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

鬼面台からの雲海 / 大山、蒜山周遊

大山、蒜山の紅葉も終盤を迎えており、行かない訳にはいかない
どうせ行くなら雲海を撮ってみよう、と言うことで夜明け前に出発
大山には年に何度か行くが、こんなに早く行ったのは初めて

土曜日は混雑が予想されたが、土、日に実施されている
高速道路料金割引社会実験を活用して行った
早島IC~蒜山ICまでの往復が2020円なのは有難い

先ずは鬼面台展望台を目指す
6時前に展望台に到着したが、すでに東側にはずらりと三脚が並んでいた
鬼面台で雲海を撮った後、紅葉を楽しみながら大山、蒜山を周遊

昼前に大山ナショナルパークセンターの駐車場に
到着したが、広い平面駐車場は満車、なんとか立体駐車場に
留めるこが出来たが、こんなの初めて




東の空は少し赤味を帯びており、ブルーモーメントの空に月が
2018.11.03 撮影
IMG_5648cr変換s





次第に明るくなり、山並みと雲海が見えてきた
IMG_5668crトリ変換2s





見事な朝焼け
海からの朝陽は達磨朝陽を撮りに行くので、
よく見るが、山から昇る朝陽を見るのは久し振り
IMG_5811cr変換2 s





日が差すと雲海が色づき、幻想的な光景に感動!
早起きして来た甲斐があった
蒜山高原が雲海の中に霞んで見える
IMG_5840cr変換トリ2 s





IMG_5834crトリ変s





ふと後ろを振り返ると、紅葉の大山が朝陽に照らされ更に赤く染まっていた
IMG_9285cr変換s
< 続く >


2018-11-05 07:00 : 蒜山 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

暑さ凌ぎに 3

下山キャンプ場近くにある大山夏山登山道
入り口からしばらく石段が続く
少し登ったが石段はきつい
若い時 槍ヶ岳、白馬岳等、3000m級の山々に登った
事はあるが、この歳ではとてもじゃないけど登山は無理

2018.08.04 撮影
IMG_4718変換s





「大山まきばみるくの里」から望む大山
放牧場にはヒマワリ、コスモスと夏と秋が同居
みるくの里特製ソフトクリームが美味しかった
IMG_7631cr変換トリ2 ss





蒜山ジャージランド
放牧場の一角にあるヒマワリ畑は殆どが枯れる寸前
高原とは言え、この時間帯での外は暑い

いつもは放牧場にいるジャージ牛の姿は見えない
このモー暑にモーたまらんと牛舎の中で昼寝だろうか
IMG_7686cr変換ss
2018-08-07 21:48 : 蒜山 : トラックバック : 0 :

暑さ凌ぎに 2

この日最初の一枚
よく晴れており、棚田の向こうに大山がはっきり見える
稲も育ち、穂が出ている田んぼあり
2018.08.04 撮影
IMG_7483変換s





大山山麓のブナ林で撮り鳥
しばらく山道を登ったが、鳴声も聞けず
6月には賑やかだった囀りが、嘘のように静か

登る途中に大砲を構えていた人がいたので様子を
聞いたが、姿を見せないとの事

ゴジュウカラを確認出来ただけの撮り鳥だった

見上げたブナの木
緑の透過光が清々しい
IMG_7615cr変換sss





山乗渓谷不動滝
不動滝の手前には名物「流しそうめん」があり、
大勢のお客さんで賑わっていた

夏に何度か行った事があるが、以前より冷気は感じなかった
やはり猛暑で気温が高くなっているせいなのか
IMG_7721cr変換2s





滝を撮っていると下流の沢で賑やかな子供の声
振り返るとリバートレッキングを楽しむ子供達が沢を登って来た
そしてそのま滝の下へ
勿論専門のガイドさんが付き添っていた

ガイドさんと話しをしたら、滝の上流にも良い
撮影ポイントがあるとの事、次回行ってみたい
IMG_7764cr変換s





これはクーラーの中へ入ったよりは涼しいでしょう
と言うより寒いのでは・・・
子供達も楽しそう
夏休みの良い想い出ですね
この後、温泉に入り冷えた体を温めるとの事
IMG_7808cr変換トリタテ s


2018-08-06 13:53 : 蒜山 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

暑さ凌ぎに

連日の猛暑 
もうすぐ収まるだろうと思っていたが、全くその気配無し
ならば暑気払いに大山、蒜山へ

御机→ 木谷沢渓流→ ブナ林での撮り鳥→ 
ミルクの里→ 大山寺→ 蒜山→ 不動滝の周遊コース

木谷沢渓流へは6月にも行ったが、
遅い時間だったので観光客も多っかた
今回は少し早めに出発したので、誰もいない
ゆっくり楽しみたいが、そんな余裕なし

渓流は肌寒いくらいの涼気、朝靄が立ち込めており、
絶好のチャンスだったが、・・・

以下同じような絵柄ですが





長靴の中にザブンと水が入り、我慢出来ないほど冷たかった!
木谷沢渓流にて  2018.08.04 撮影
IMG_7552cr変換s





IMG_7541cr変換s





IMG_7562cr変換ss





IMG_7505変換ss
2018-08-05 17:37 : 蒜山 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ