どこからでも富士山は見えるものだ

忍野八海を目指して走っていると、駐車場案内の旗を振っていた
おじさんがいたので、見ると新倉山浅間神社の「さくら祭り」開催中だった
外国人に人気がある神社とは知っていたが、まさか道中にあるとは・・・
予定には入れていなかったが、折角なので行ってみた

来日する観光客に人気なのが、、富士山、桜、神社であるが、
ここはその三つを同時に見る事が出来る場所である
この時季しか見る事が出来ない風景に大勢の外国人が訪れていた

駐車場から坂道を上がる事、約30分で新倉山浅間神社に到着
満開の桜と五重塔の向こうにクッキリと富士山が見える
これは外国人に人気があるのは当然だろう
2019.04.15 撮影
IMG_5549cr変換s





満開の桜と富士山を眺めながら、長い坂道を息をきらしながら上がる
IMG_5507変s





忍野八海を散策した後、最後の予定地である山梨市の桃畑へ
桃の花と残雪の南アルプスを撮るべく車を走らせたのだが、どこかで道を間違えて違う方向へ
でもこの辺り何処を走っても桃畑が続くので問題なし

小高い斜面全体が桃畑、いえ ここから見える眼下の住宅地以外は全て桃畑
さすが日本一の桃の産地だ
その中を走るピーチラインから富士山を望む
どこからでも富士山は見えるものだ
IMG_5791cr変換ss





桃畑へ行く途中、富士山を横目にこんな場所を列車が
走っていれば良いのに・・・と思っていたら何と線路があるではないか!
時刻表を見ると通過7分前、急いで駐車出来る場所を探し、線路脇へと走る
通過3分前に到着、撮影ポイントを探す間もなく列車通過
柵が気になるとか贅沢は言えない、富士山を背景に撮れただけで満足
伯耆富士を背景にしては何度か撮ったが、本物の富士山を背景にした撮り鉄は初めて

後で検索すると、この赤い電車、富士急行が今年3月15日より運行を開始したばかりの、
フランスの人気キャラクター「リサとガスパール」の絵本の世界を再現した
特別車両「リサとガスパールトレイン」とのことだった
ラッキー
IMG_5763cr変換s
長々と、引っ張りましたが、これにて東京シリーズ終了です
2019-04-22 06:30 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

そうだ 富士山を見に行こう

夜は雨、ところが朝起きて見るとまさかの快晴
こんな天気になるなら前日に予定を決めておいたのだが・・・・

さて何処へ行こうか
そうだ! 富士山を見に行こう

今日なら間違いなくきれいな富士山が見えるだろう
と言う事で急遽レンタカーを借り、首都高速~中央自動車道を走り河口湖を目指す
天気も良く、全く渋滞もない快適なドライブであっという間に河口湖へ到着
今年の10連休は何十キロもの大渋滞になるのだろう





河口湖畔の桜並木は丁度満開
さくら祭りが開かれていた
以下、富士、富士の絵柄ばかりですが撮らずにはおれない
ついつい何枚も同じ様な写真を量産
2019.04.15 撮影
IMG_5424変s800






何度か来たことがあるが、こんなきれいな富士山は初めてかも
IMG_5466cr変s





IMG_5408トリ2変s





河口湖を後にして世界文化遺産「忍野八海」へ
冬は萱葺屋に積もった雪と富士山が撮れる静かな佇まいの忍野八海だが、
この日はご多分に漏れず、某大陸観光客で銀座並の賑わいだった
IMG_5721トリ変2s





湧池
青さと透明度は神秘的
IMG_5735crへん間ブログs





少し外れるとこのような静かな場所もある
IMG_5745cr変換s


2019-04-21 06:32 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

都庁展望室からの夜景


都電荒川線を撮った後、晴れていれば文京シビックセンター展望室
から夕景を撮ろうと思っていたが、生憎の曇り空
ここからは新宿副都心の高層ビルと、夕焼けに富士山がシルエットで見えるのだが・・・

昔、フィルムカメラできれいな夕焼けを撮った事があるが、
設定ミスだったのだろうか、撮れていなかった苦い想い出がある場所
今ならデジタルカメラなのでそんな失敗もなかっただろう

焼けそうもないので仕方なく、都庁展望室から夜景を撮る事にした
以前と違い、見物人の殆どが某大陸の団体観光客だった

ガラス越しの撮影なので室内照明が反射し、撮影出来る場所も限定される
WBを変えながらいろいろ撮ってみた





都庁45階展望室(202m)から眺めた夜景
中央に三つ並んでいる高層ビルはパークハイアット東京
2019.04.14 撮影
IMG_5327cr変換s





ドコモタワー(中央の白いとんがったビル)の右横に小さく赤い東京タワーが見える
IMG_5252トリ変s





すぐ足下の高層ビル
IMG_5351cr s





小田急ロマンスカーが新型車両を導入した事は
知っていたので、都庁へ行ったついでに撮ってみた
従来の型を踏襲して、2階が運転席、先頭展望車から見る風景はどんなのだろう
駅ではなく郊外を走る真っ赤な列車、撮ってみたい  

小田急新宿駅にて
IMG_5078変s





IMG_5178トリ変ss





運用開始一周年
IMG_5156変s
2019-04-20 06:30 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

見渡す限りの大パノラマ

スカイツリーの夜景を撮った翌日、今度は孫達とスカイツリーへ行った
夜の鯉のぼりとは違い、青空の下、元気良く泳いでいた
2019.04.13 撮影
IMG_4420変2ss





鯉のぼりの下を通り4階のチケット売り場へ
土曜日なので混雑していると思っていたが、
チケット購入の待ち時間5分程度と意外に空いていた
IMG_4500変換s





チケット購入後、エレベーターへ乗り込む
エレベーターのドアーが開いて内部の照明にびっくり
何をイメージ?
ひょっとしたら墨田の花火かな
IMG_4697変ss





地上350mの展望デッキへ到着、天気も良く見渡す限りの大パノラマ
手前は隅田川、遠くに富士山、分かりづらいが富士山手前に
建設中の新国立競技場の白い屋根が見える

ちなみに今まで昇った事がある展望デッキの高さを調べてみたら、東京タワー150m、都庁202m、
恵比寿ガーデンプレイス167m、文京シビックセンター105mなので、いかに高いかが分かる
東京タワーの天辺より高いのだ!!!
IMG_4607cr変換ss





東部スカイツリーラインの電車を俯瞰撮影
こんな高い所からの撮り鉄は勿論初めて
隅田川の向こう右に浅草寺の五重塔が見える
IMG_4576変換s





都内のいたる所で2020年東京オリンピック・パラリンピックの
エンブレムが目に留まるが、一昨年、トヨタがタクシーとしては
約20年ぶりにフルモデルチェンジした次世代タクシー「JPN TAXI」にも
IMG_4361トリss




そう言えば前日撮ったスカイツリーの電光掲示にも「あと500日」の表示が
IMG_4318トリs
2019-04-19 06:30 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

夜の東京ソラマチをぐるり一周

今春、二年生になった孫に会いに東京へ
色々と学校での話しを聞きながら成長を実感

そして夜は撮影に
何も計画していないので、行き当たりばったり
さて何処へ行こうか?

一昨年は夜のスカイツリ-を遠景で撮ったので、今回は近くで撮ってみた
夜の東京ソラマチをぐるり一周しながら、手持ち撮影で





5月5日の子供の日を記念して「スカイツリータウン こいのぼりフェスティバル」
が開催されており、沢山の鯉のぼり
2019.04.12 撮影
IMG_4127変2ss





スカイツリー傍の北十間川の上にも、鯉のぼり
スカイツリー下部の大きな骨組みが見える
IMG_4203変換s





ワイド24mm一杯、もう少しワイドレンズが欲しいところ
手持ちなのでISOを上げて、絞り開放、鮮明さが今一
IMG_4303cr変換ss





ソメイヨシノは散っていたが、八重桜は丁度満開
スカイツリーとのコラボを
IMG_4268cr変換2s





近くで見ると骨組みのパイプがとてつもなく大きく驚きである
これを寸分の狂いも無く組み立てるのだから凄い
大きさは実感出来たが、見上げた時の感じでは634mあるとは思えない
2日目に東京都庁の展望台からスカイツリーを眺めたが、
遠くから他のビルと比べて見たほうが高さを実感出来る
IMG_4160変sss





少し離れた場所から東京ソラマチの建物を入れて
IMG_4279cr変換2ss

二日目以降もぶらり気ままな撮影は続く

2019-04-17 06:30 : 旅行 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  4/4

三日目
夜中は雨が降っていたが、朝は青空が見えていた
今日の予定は上高地→乗鞍岳



今朝も早起きしてホテル周辺を散策
近くの山もきれいに色づいていた

濡れた路面に落ちたばかりのモミジ    ナナカマドの実が赤く熟れていた
IMG_2671変換2s連結





写真右: 上高地へ向かう途中の道路両側はどこまでも続くリンゴ畑
     真っ赤に熟したリンゴがたわわに実っていた(車窓から撮影)

写真左: 平野から梓川の渓谷へ入り、上高地を目指す
     両側の山々はまさに錦秋
IMG_3037変換ブロ具ss連結





上高地へ到着(標高1500m)
田代池で下車し、河童橋まで、上高地のほんの一部を散策
出発までの1時間半ではとても全部を見ることは出来ない

梓川沿いにカラマツ林が続く
ここでの紅葉(黄葉)はカラマツが主体
IMG_3160cr変換s




 
河童橋
平野部は晴れていたが、ここでは曇り
生憎の天気で穂高連峰は望めず
青空に映える新雪の穂高連峰を見たかったが・・・
IMG_3219cr変換2s





登山者らしき人が三脚を構えて撮影
白樺の間から何を撮っているのだろう
IMG_3270cr変換2sss





来た道の対岸を歩き河童橋から駐車場へ向かう
IMG_3227cr変換s





逆光に輝く黄金色を見たかったが・・・
IMG_3186cr変換3s





上高地から乗鞍岳へ向かう途中、一瞬日が差した時に車窓から撮影
しばらくはこのような景色が見られたが、乗鞍スカイラインに入り、
標高が高くなるにつれて、霧が濃くなり晴れることはなかった
IMG_3280cr変換s

真っ黄黄の同じような写真ばかりで、長々と引っ張りましたが、これにて了
2018-10-29 18:36 : 旅行 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  3/4

二日目
今日も紅葉と天空の絶景巡り

先ずは山梨県北杜市にある「清里テラス」
駐車場からパノラマリフトに乗り10分
標高1,900mの山頂からは「清里高原」を目の前に、
又、遠くには富士山や南アルプスの絶景が広がる

テラスからカラマツ林、清里高原を臨む  2018.10.23  撮影
IMG_1997cr変s





パノラマリフトで下りながらの撮影
両側には黄金色のカラマツ
IMG_2027cr変換s




 
左写真 :雲に少し隠れた富士山がうっすらと
見えたが、写真では分りづらい
右写真 :いくつもある丸いソファに腰掛け、
コーヒーを飲みながら眺望を楽しんでいます
IMG_1976cr変換s連結





清里テラスから富士見高原 創造の森へ(長野県諏訪郡)
八ヶ岳の最南端、網笠山の裾野に広がる
標高1420mの高台まで無人運転カートで上る

ゴルフ場のカートと同じで道路に埋設された
金属をセンサーが検知しながら上って行く
振り返ると後続のカートが続いている

途中で止まることはなく、標高差200mの頂上までは25分で到着
ここでも頂上からは富士山が見えた


いずれもカートからの撮影
ハイキー調で
IMG_2258cr変換2s





カート道両側には延々とこのような白樺林が続く
鮮やかな楓と違い、白樺の落ち着いた錦秋模様
IMG_2271cr変換2ss





霧ヶ峰高原
茅野から美ヶ原まで標高1700mを走る天空のビーナスライン
その中間辺りに位置する霧ヶ峰高原
夏にはニッコウキスゲが咲き乱れる場所だが、今は枯れススキ
IMG_2390cr変換s





IMG_2405変換ss





美ヶ原に到着
美しの塔(霧で視界が悪い時に登山者のために鳴らす鐘の塔)
IMG_2491cr変換s





標高約2000m 360度の大パノラマ               
IMG_2505変換s
2日目終了
2018-10-28 20:48 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ   2/4

2日目
朝早く起きてホテル近くの湖畔を散策
遊歩道が施設されており、
紅葉を愛でながらの散策は気持ち良い
近くでカケスを見かけたが短いレンズでは無理

気温は何度くらいだったのだろう
蓼科高原の標高1500mにあるホテルなので、
かなり冷え込んでいたであろうと思われる

湖面には白く蒸気霧が立ちこめており、写真的には最高
一日撮っていても撮り足りないくらいの風景だが、
朝食の時間も迫って来たのでホテルへ





日が当たる前の少し暗い湖面に白い蒸気霧がいい感じ
2018.10.23  撮影
IMG_1886cr変換s





IMG_1732cr変換5ss





IMG_1861cr変換トリss




少し明るくなり紅葉がより鮮やかに
IMG_1768cr変換s
2018-10-27 21:47 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  1/4

紅葉前線は南下中であるが、当地方ではもう少し先だろう
でも大山辺りでは見頃を迎えているようだ

先日、信州へ行き一足早く紅葉と天空の絶景を楽しんだ

往路の高速道路から眺める南アルプス連峰は
既に冠雪しており、冬の訪れを感じさせる

紅葉は京都のような鮮やかな赤は少なく、カラマツをはじめ、白樺などの
黄葉系が多く、そのグラデーションは落ち着いた雰囲気の錦秋模様である

以下、写真の出来映えは度外視して記録として何回かに分けて投稿予定





千畳敷カールを目指す
宝剣岳(標高 2931m)の真下に広がる千畳敷カール(2612m)へは
駒ヶ根菅の台から専用バスに乗り換え、バス一台がやっと通れる
曲がりくねった山道を約30分かけて、「しらび平駅」まで行き、
ロープウエイに乗り、約8分で千畳敷駅に到着
一気に雲上の別世界が広がる
駅待合室では登山者と観光客が入り交じっていた
ここは日本一高い駅である

ロープウエイのゴンドラの窓越しに  2018.10.22 撮影
IMG_1049cr変換トリ2ss





向こうに冠雪した富士山が見えたが、写真では見えない
IMG_1065cr変換2s





千畳敷駅でゴンドラからを降りると、目の前に宝剣岳
(中央の高い山)と千畳敷カールが広がっている
IMG_1108cr変換s





千畳敷カールを約1時間かけてトレッキングもどきの散策、
斜面には先日降った雪が残っていた
雄大な大自然を満喫しながら(石ころだらけの道なので足下
ばかり気にしてそんな余裕もないが)気軽に登山気分を味わえる

夏は高山植物が咲き乱れ、少し前までは紅葉が
見られた場所だが、今は紅葉も終わり、草もみじ
IMG_1161変換3 ss





無機質な千畳敷カールに赤と黄の登山ウエアが良いアクセント
下山してコーヒーを沸かして休憩中だった
IMG_1115cr変換ss





日も陰り、気温は0度
斜面には雪
IMG_1169s.jpg




夜はホテルで山岳ガイドさんの説明で星空鑑賞会があり、
分りやすい説明を聞きながら空を仰ぐ

だが・・・・

生憎十三夜の月、満天の星とまではいかないが、
それでも素人の小生には十分の星
条件が良い日には星で埋め尽くされるそうだ

ガイドさん曰く、明朝4時頃には月も沈み、雲が無ければ良く見える
との事だったので、星景写真を撮りたくて4時に起きて、外に出たが・・・

ガ~ン 雲

残念
これで星が出ていれば・・・
面白くない写真だが記録として
IMG_1550トリ変s

1日目終了

2018-10-25 20:41 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

今季紅葉の締めは香嵐渓で 3/3

長野から岐阜県恵那市恵那峡の紅葉を見学
した後、今回の目玉である香嵐渓へ向かった

途中豊田市では紅葉と四季咲き桜が丘一面に
咲いており、桜祭りが行われていた

休日なので車も多く香嵐渓に近くになって交通渋滞に巻き込まれ
予定より少し遅くなったが何とか日没までには間に合った

巴川沿いを中心に、およそ4000本植えられたイロハモミジ
などが赤や黄色に色づき、いまが一番の見ごろとのこと

一度見たかった香嵐渓の紅葉
今回のツアーは香嵐渓見たさに行ったような
ものだったので期待通りの見事な紅葉に大満足

歩いている内に陽は沈み少し暗くなったので
葉のテカりもなく落ち着いた色合いとなった

どこを切り取っても赤一色
バスの発車時刻が迫る中ゆっくり撮ることも
出来ず手当たり次第同じような写真を量産


 
香嵐渓にて  (愛知県豊田市足助)  2017.11.23 撮影
IMG_8322CR変換s (2)






IMG_8331CR変換2 s






IMG_8315CR変換s






IMG_8324CR変換トリミング (3) s






IMG_8215CR変換s






IMG_8304cr変換s






IMG_8241CR変換s


2017-11-27 19:17 : 旅行 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ