紅葉の北海道へ 3/3

二泊目はニセコにあるホテル
朝窓から見えた羊蹄山
少し雲がかかっているが、これだけ見えることは少ないらしい
2016.10.29 撮影
IMG_1319 (3)変換s





ホテル前の白樺
芝の緑と木の白が印象的
IMG_1335変換 (3) s





朝は氷点下近くまで冷え込み、車にうっすらと雪化粧
大湯沼へ行く予定だが、高い位置にあるので雪が
心配とガイドさんの話し
取り敢えず行ってみることになり出発
さて?
IMG_1391 (2)変換ss





ガイドさんの予想が的中し、高度が高くなるにつれ雪景色へと変る
黄葉と雪が綺麗
IMG_1767 (2)変換s





到着したが10cmくらいの積雪
ここから歩くのだが危険とのことで断念
しばらく雪と戯れて車内へ戻り、小樽へ向かう
IMG_1585変換 (2)s





小樽運河
旅番組で必ず見る風景
河岸に倉庫が並びます
IMG_1903変換s





街並みの一部
左から六花亭、北菓楼小樽本館、北一硝子、
洋菓子店ルタオ(高い塔の建物)と有名店が並びます
小樽へ来たら必ず寄る店ですね
レンガや石で作られた趣ある歴史的建造物です

寒かったし、出発まで時間があったのでルタオ二階のカフェで休憩
チーズケーキ超美味~!!
IMG_1917 (2)変換s

<終わり>
2016-11-01 19:55 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

紅葉の北海道へ 2/3 

一日目の日程が終了し、ホテルへ向かう頃には
日も落ち、車窓からは何も見えない
ホテルへ到着するも周辺は真っ暗

どんな所だろう?

翌朝、外へ出てみたら、こんな所
大自然の中にそびえる23階建てのホテル
すぐ近くには北海道屈指のルスツスキー場、
ゴルフ場があるリゾート地
外国からのスキー客が多いそうだ
2016.10.28 撮影
IMG_0577 (2)変換s





ホテル19階からの眺め
白樺でセパレートされた綺麗なゴルフ場が広がり
向こうにはルスツスキー場が見える

ちなみにここの住所は
北海道, 虻田郡, 留寿都村字泉川133 
群、村、字 どんな村なんだ(笑)

こんな大自然に囲まれたコースでプレーしてみたい!! 
ちなみに北海道では2度プレーした事はあるが、
こんな雄大なコースではなかったなあ~
IMG_0636変換s





大沼公園
北海道の紅葉は真っ赤になる木が
少ないので鮮やかさはない
どちらかと言えば黄葉が主である

活火山である駒ヶ岳 を背景に、噴火によって
出来た大沼、小沼を遊覧船が巡る
IMG_1103 (2)変換2 ss





駒ヶ岳は同名の山が全国に多数あるので
区別するため「北海道」をつけて北海道駒ヶ岳と
呼ばれているが地元では単に駒ヶ岳と呼ばれる
どこでもそうですよね
IMG_0777 (2)変換s





遊覧船に乗り沼を30分で一周
やや色あせているが周囲は黄葉一色
IMG_0786変換s





車窓からしっかり撮り鉄も
大沼公園近くを走る函館本線
IMG_1176 (2)変換2 ss

この後函館朝市で海鮮昼食
そして五稜郭→北海道昆布館→ホテルで2日目終了
2016-10-31 18:25 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

紅葉の北海道へ 1/3

この日は富士山がよく見えた
翌日に初冠雪だったとか
帰りは夜だったので見えません
2016.10.27 撮影
IMG_0322 (2)変換s





熊牧場
昭和新山のすぐ近くにあります
今年はドングリの不作で東京都にも
クマが出没したニュースを聞きましたが、
ここのクマはリンゴが大好き
観光客が餌用に買ったリンゴを
投げ入れるの手を上げて催促します
IMG_0409s_20161030194421e11.jpg





ぬいぐるみではありません
このように立ち上がってリンゴを待っています
IMG_0460 (2)変換s






昭和新山
到着時は日没で暗くなりかけであったが、
赤茶けた山肌が印象的
現在 も噴気活動が続いています
崩壊により年々縮んでいるとのこと
標高398m 覚えやすいです
IMG_0473 (2)変換s
2016-10-30 20:18 : 旅行 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

雨の角島大橋


9月28日
新幹線で新山口駅まで行き、そこからのバスツアー
かねてより家内が行きたがっていた下関市にある角島大橋がお目当て

降水確率100%
覚悟はしていたが・・・・・
やはり的中
ツアーだから仕方ないが、まあ小ぶりだったので良しとしよう





岡山駅で時間があったので「寝台特急サンライズ」を
撮りながら時間つぶし

東京→岡山までは14両編成
岡山で7両づつに切り離され、前7両が「サンライズ瀬戸」として高松へ
後ろ7両が「サンライズ出雲」 として出雲へ

瀬戸が出発後、3分遅れで出雲が出発した
IMG_1284 (3)変換s





新山口駅への下車は久しぶり
昔小郡駅だった頃に仕事で行ったがそれ以来

バス出発後お茶屋、かまぼこ屋、柚子屋と山口県の
名産品土産物店3店を連続で巡る

中国人富裕層の爆買いツアーならぬ
日本人年金者層の土産買いツアーの様相

土産買い目当てのご婦人方はこぞってお買い物
土産を選ぶのも旅の楽しみだろう
試食、試飲もあり確かに名産品ということで美味しい





山口はお茶の産地でもあるんですよね
西日本随一の栽培面積を誇り、「小野茶」ブランドとして
有名な(知らなかったが)山口茶業が栽培している
広大な茶畑は圧巻
東京ドーム80個分だそうです

畑に電柱のようなものが数多く立っているが、上には大きな
扇風機が取り付けてあります
霜よけのため上部の暖かい空気を地表に送風するためとのこと
IMG_1371 (2)変換s





明神池
マダイ、チヌ、スズキ、イシダイなど海魚がいる池
イシダイがたくさん泳いでいた

海の近くにあり底が岩の隙間で通じていると聞いて納得
なので海の干満に応じて池の水位も変化する

売られている魚用の餌を投げるとその餌を狙って
トビが集まってくる
鳥居、灯籠の上にはたくさんのトビが餌を投げるのを待っている
IMG_1472 (2)s





元乃隅稲成神社
ここは「稲荷」ではなく「稲成」
この「成」を使うのは全国で2社のみ
「成」は成就に由来し様々な願いが叶うと言われる

参道出口には高さ5mの鳥居が建っており、よく見ると
上部に賽銭箱が付いている
そのため賽銭は上へ投げ入れる必要があり、日本一入れにくい
賽銭箱だとか

雨の中、傘を差して皆さん投げ入れていたが中々入らない
IMG_1508 (2)s





ここが参道入り口
断崖の参道に123本の鳥居が並んでいる
IMG_1590 (2)変換モザイクs






急な参道はきつい
IMG_1539変換モザイクs





いよいよお目当て
向かいの角島までを結ぶ角島大橋は
きれいな曲線を描いていた

TVドラマ、映画、CM等でお馴染みだが、
写真で見る青空にエメラルドグリーンの
海を見ることは出来なかった

小雨にけむる角島大橋だったが出来るだけ
ハイキーに明るく撮ってみた
IMG_1618 (2)変換s





橋を渡って角島灯台へ 
高さ29.6m、総て御影石で出来ているとは驚きである
日本海側初の洋式灯台で、130年以上経った現在でも、
現役で毎日点灯している
夜にこの灯台の光を見るツアーもあるようだ
IMG_1686 (2)s

バスの中で変な格好で寝ていたらしく寝違えたのか
今日は首が痛くて回らない
まあ 借金はしていないのですぐ治ると思うが・・・・・


2016-09-29 17:02 : 旅行 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

食べログではありませんが

9月17日
前日の敬老参観日には大阪で孫達と夕食
今日は娘と3人で娘が勧めてくれた京都のお店で夕食

魚と野菜の手巻き
いかにも女性好みの料理
やはり女性客が多い
IMG_8002 (2)変換3 s






9月18日
ここも娘お薦めのカフェでモーニングコーヒー
カウンターに4人、机2卓の小さい店
雰囲気があったので許可を得てついつい写真を
勿論コーヒーも美味
外では待ち客も

こんなに暗くはないですが雰囲気としてはこんな感じ
ややアンダーで
IMG_8047 (3)s




天井にはドライフラワーが
IMG_8029ぼかしs




アンティークな家具、小物がありこれも女性好み
裸電球の照明がなんとも
IMG_8016 (4)変換ss




路地を入った目立たない場所にある小さなカフェ
貸し出し用の椅子がぶら下がっています
鴨川近くなので河原でお茶を楽しむことも出来ます
IMG_8119 (2)s
2016-09-22 17:35 : 旅行 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

管理者ページ