梅雨の合間

またもや天気予報がはずれて午後から晴れた。
久し振りに見る青空。近くの庭先にノウゼンカズラが咲いていた。

梅雨空には紫陽花、青空にはノゼンカズラの花がよく似合う。自分の出番が今や遅しと、蕾が待ちかまえて咲いているようで、生命力を感じる。

ついこの間、田植が終わった田んぼの稲も負けじと青々と育っている。
どこにでもある田舎の風景だ。


012小





027小
関連記事
2008-06-30 21:53 : : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

白壁の街


梅雨空で観光客もまばらな美観地区を散歩。今日は天領丸も休業か、船頭さんの姿もない。
柳が剪定されていて、すっきりしていた。


仲居さんも暇そう  2008.6.21

019小






日が良いのか式後のカップルが人力車で白壁通りを通っていた。皆の祝福を受けて嬉しそう。

2008.6.21
031小
関連記事
2008-06-29 20:30 : 美観地区 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

釣り舟

天気予報では午後から雨。
でも降りそうで降らない、時々ぱらぱら。
この天気では撮影も期待も出来ないが、取り敢えず下津井へ車を走らせた。

久し振りに鷲羽山の展望台へ上がったが瀬戸大橋もぼんやりで四国は見えない。
ここでの撮影は諦めて下の浜まで降りた。黄昏時に釣り舟が沖に見えたのでこれを撮るべく撮影開始。

空は厚い雲に覆われていたが、日没後独特のブルーな空と海、釣り船の明りと、灯台の灯かりが海面に映った。

2枚目の写真は場所を移動し、燈台と釣り舟を重ねて撮ったが、光跡を入れたくて長時間露光のため舟のボケて今一だ。舟のボケはどうしようもないところか?。



黄昏時の釣り舟と灯台。

014小




灯台と釣り舟を重ねて撮ったがいまいち

027小
関連記事
2008-06-28 23:12 : 下津井 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

釣り

梅雨の合間、あてもなくぶらぶら。
高梁川河口で釣りをしていたので撮った。皆マイボートを持って来ており、立ったまま釣りをしながら自由自在に思いの場所へ移動。
昼ごろの曇天でメリハリの無い風景写真になった。
今度は朝早く来て撮ろう。


072小



055小


関連記事
2008-06-26 19:34 : 風景 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

満開

広島県福山市にある春日池公園に菖蒲を撮りに行った。

春日池は江戸時代初期に灌漑用のため池として築造され、以来今日まで農業用水を送りつづけて
きたが、池の一部を埋め立てて公園となている。

公園には菖蒲園があり今の時期、満開の菖蒲が見ごろである。


雨の中、おじいちゃんと、おばあちゃんと

109小



106小



関連記事
2008-06-25 19:52 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

省エネクーラー

藤戸寺の「沙羅の花を観る会」に行き、帰りに戴いた「うちわ」。
昨今ではお目にかかるのも珍しい、なんと竹製の手作り品である。

昔は生活の道具であったうちわも、今は盆踊りか、広告用として見かける程度。
しかもプラスチック製で風情がない。

この竹製のうちわ、柄の部分の幅、厚みが手にフィットして使い易い。
しかも、扇ぐと竹製だけに骨の部分がしなり、風もソフトな感じ。

昔のうちわをマジマジと観察したことは無いが、竹の節の部分をうまく使い、少し厚くなっている
ところに穴を孔け、ヒゴを通し外枠を作ってある。

でも・・・なぜ今時竹製????。
これもご多聞にもれず中国製?
そして原油高によるプラスチックの高騰の影響がここにも?。

中国製とあらば思い当たるふしも。
よく見れば骨の部分にささくれが残っており、安全上問題がある。又、柄の部分の幅が不揃いで
いかにも削ったと言わんばかりの仕上げ。
手作り感があって良いのだが・・・・。

でもこのうちわ、時代を先取りしているかも。

「小型、軽量、持ち運び自由、省スペース、安価、そして何より省エネ、CO2排出量0、お休みタイマ付き(眠ると自動的に停止)、故障知らず、リサイクル料不要」、とキャッチコピーには事欠かない
環境に優しいマイクーラーである。
是非、洞爺湖サミットで見直しを提言して貰いたい。

なんて思いを膨らませながら、風呂上がりに使わせてもらっています。

思いも膨らんだが、うちわから洞爺湖サミットまでとこちらの話も膨らみました。

外は雨、出かけることも出来ず、うちわに遊んでもらいました。
面白くない写真でお許しを。


うちわの表側

020小



ささくれが残る骨の部分

050小



節の太い部分に穴をあけ外枠のヒゴを通してある。いかにも手作り感があある

042小
2008-06-24 21:02 : 2008その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

沙羅の花を観る会

倉敷市にある藤戸寺に沙羅双樹の花を観に行った。
毎年この時期(今年は6月19日~22日まで)「沙羅の花を観る会」が開かれた。

普段は観れないがこの4日間は本堂が公開され、中庭に咲いている沙羅の花を
観ることが出来る。

椿のようにたくさん咲いていると思っていたが意外と少ない花付きである。

釈迦がその下で入滅したとされている沙羅双樹は日本ではナツツバキと呼ばれ、
白い清楚な花である。
我が家にもあるがなかなか大きくならない花木である。

平家物語の一節にあるあの花である
   
   祇園精舎の鐘の音
   諸行無常の響きあり
   沙羅双樹の花の色
   盛者必衰の理りを顕す 
   ・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・

どんなに咲き誇っても一日限りで落ちるとのことで
世の無常を顕わしている。

と何かの受け売りはこの辺で終わり。

花を観る会に行ったと言えば洒落ていると思われるが、
花の写真を撮りに行ったのである。

で写真はどうだったのか?
アップするほどの写真が撮れなかったのもこの世の無常か。

帰りにうちわを貰った。
うちわの話と写真は明日披露します。ここだけの話(うちわばなし)


 
008小





026小
関連記事
2008-06-23 20:36 : : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ