別子翠波はな街道(3)

<昨日の続き>

やっと当初の目的地であるマイントピア別子に到着
ここは別子銅山のテーマパークです

かって世界一の産銅量を誇った別子銅山
元禄4年の開抗から、昭和48年の閉山まで、その歴史は300年の長きにわたります

足尾、日立、と並ぶ「三大銅山」の一つがこの別子銅山
中学の社会で習った記憶が蘇ります

マイントピア本館から坑道入口までは鉱山鉄道トロッコ列車に乗って行きます
坑道の中は銅山の変遷を人形を使って説明してありました
中はヒンヤリして気持ち良かった
一通り見学した後、又トロッコ列車に乗って帰ります
いい社会勉強になりました


以下被写体としては今ひとつですが記念にupします





別子銅山の動力源として明治45年に建てられた水力発電所
レンガ作りでシャレています
なんで水力発電所が西洋建築なのか
住友財閥のなせる業か
262ブログ




鉱山鉄道トロッコ列車
復元されておりバッテリーで動きます
まさにエコです
274ブログ




列車を待つ間に食べた伊予柑ソフトは美味しかったです
296bログ




坑道へ向かう途中の渓谷の新緑がきれい
279ブログ




さてタイトルの「別子翠波はな街道」の始まりがここ別子から翠波高原までのはな街道ですが、はな街道と言うには程遠く、想像以上の険しい山道で、ヘアピンカーブの連続です
ナビの道路を見るとゾットします
途中には森林公園の藤とか、いろいろ見る所はあるのですが時間の都合で素通りです。

名前は分かりませんが道中で見た高い山があります
帰って調べたら「笹ヶ峰」?でしょうか  標高1860m
そして頂上付近の岩肌に赤いものが点々と見えます
何ですかねえ?
これも帰って調べたら「あけぼのつつじ」でしょうか
道中、花はあまり見れませんでしたが、新緑はきれいでした
314ブログ

関連記事
2010-05-11 20:05 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ