チェリーセイジ

「トヨタ相次ぐ不具合」
今日の朝刊の見出しです

今年2月、看板車種プリウスのでブレーキの不具合でリコールに追い込まれ、
やっと回復基調にある中、今度は高級車レクサスがハンドルの不具合でリコールの届け出を決めたととか。
運転者の意図しない方向へ進むなんて怖い話です
複雑な方向制御システムが災いしたトラブルのようですね

どのような時に役立つシステムなのか詳細は知りませんが、その事により安全性が損なわれるのであれば
本末転倒です

高級車を売りにするのであれば、不具合を自己診断して従来のシステムに切り替えてトラブルを未然に防ぐ2重安全装置のような機能をもたせるべきではないでしょうか
特に今回の方向制御、プリウスのブレーキ制御とも命に関わる部分ですから

一方
トヨタ自動車(株)(以下トヨタ)は、大気浄化能力が従来品種より高いチェリーセイジ(品種名:キルシェピンク)を開発し、子会社であるトヨタルーフガーデン(株)(社長:佐藤健仁、本社:愛知県西加茂郡 三好町)を通じて2006年3月より販売を開始する。
と言う記事を見つけました(少し古いですが)

チェリーセイジは、開花期間が長い半常緑低木であり、トヨタでは、チェリーセイジの大気浄化能力やヒートアイランド現象の緩和能力が高いことに着目し、新品種開発を続けていた。このほど開発した「キルシェピンク」は、NO2やSO2などの大気汚染物質の吸収能力とヒートアイランド現象の緩和能力が、従来のチェリーセイジの約1.3倍、既に販売中で生長の早い「キルシェレッド」より約1.2倍高い。このため、都市部の沿道や公園の低木として用いることで、植物による環境改善をより推進することができる

トヨタが花を売っているとは知りませんでした
そう言えばサントリーもやっていますね

いろいろやっているのですね~

で前置きが長くなりましたが
我が家のチェリーセイジも咲き始めました

この花大気浄化能力があるとは・・・・知りませんでした
薬草にもなるし
料理にも使えるし

貴重な花ですね




071ブログ





071ブログ

関連記事
2010-05-19 20:45 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ