宝福寺の紅葉

この秋初の紅葉撮りです
総社市の宝福寺へ行って来ました

やや見頃を過ぎた感がありますが・・・
場所によっては真っ赤に燃え盛っていました

朝早かったので客はまばらでしたが、帰る頃には駐車場も満車で
大勢の人が訪れていました

同じような絵葉書写真ですが



山門をくぐってすぐの御堂横                              2012.11.15撮影
187_20121115212509.jpg


山門
127.jpg


御堂正面
136_20121115211943.jpg
関連記事
2012-11-16 21:16 : 紅葉 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イタリア旅行 2/2

<4日目>チビタ・バニョレーゼ
チビタとは町の名前で「小さい」と言う意味
なんだか日本語に似ていますね

天空の町、または死にゆく町として知られています
2500年の歴史がありますが、長い年月で周りの土地が浸食で崩れ、
いずれは崩壊して消える運命の町なのかもしれません
今は20人ほどの住人がいるそうです



岩の上に載っているチビタの町
観光客相手のレストランもあり、教会もあります
300mあるコンクリートの橋を渡って往来します
189.jpg


アップするとこんな感じ
かなり急公配の橋で上がるのに息切れがしました
教会も見えます
180_20121114222541.jpg


町の中心地
雰囲気があります
208.jpg



橋を渡る時左に見える隣町
この町もやがて消えるのでしょうか
かなり浸食で崩れています
192_20121114222541.jpg



チビタの町から見た山並み
浸食で山肌が崩れています
201.jpg


ローマ
バチカン市国
面積は0.5k㎡で日比谷公会堂の3倍ほど
ローマ法皇と聖職者や衛兵など人口1000人という世界最小の独立国です


カトリックの総本山 サン・ピエトロ大聖堂 
230.jpg


大聖堂の回廊の柱
勿論大理石です
歩いている人と比べるとその大きさが分ります
だんだん色がくすんでくるので100年に1回くらいクリーニングするそうです
やはりここもクリーニング工事中でした
231_20121113160806.jpg



コロッセオ
72年着工 80年完成 日本の弥生式時代ですから驚きです
高さ57m、4階建ての巨大な円形競技場 5万人収容
そのスケールは現代のビルの15回建てビルに匹敵します
243.jpg



トレビの泉
建物、彫刻は大理石ですが夜間照明で大理石の白さが見えなかったのが残念
248.jpg



スペイン広場
映画「ローマの休日」でイギリスのアン王女役のオードリー・ヘップバーンがジェラートを食べた場所ですが
今は飲食禁止です
夜だったのですが大勢の観光客です
階段は後ろにある教会への参道です
映画ではもっと広く見えたのに思ったより狭かったです
「ローマの休日」はテレビで見ましたがローマの観光名所がたくさん出てきますよね
251.jpg



<5日目>ポンペイ
ポンペイ遺跡
紀元前8世紀に建設された商業都市だったのですが79年にベスビオ火山が爆発し、街は一瞬のうちに火山灰に
埋没した
しばらく存在が忘れられていたが1748年に発掘され遺跡として蘇った
でも良くもこれだけの街並みを掘り返したものです
写真には載せていませんが、劇場、浴場、プール、ジムグランド等も有ります
特に浴場の壁、床は二重構造になっており、そのスキマに熱気を通し暖房もあったとのこと
西洋文化の歴史を感じました


当時のままの街並みです
紀元前8世紀の街並みとはビックリですよね
日本では縄文時代で竪穴式住居、土器の生成が始まった頃です
279.jpg



街の広場です
後ろの山が噴火したベスビオ火山で休火山です
280.jpg



酒場跡
銘柄もいろいろあったのでしょうか
壺がたくさんあります
268.jpg



飲食店跡
中央は小麦を挽く石臼で後ろ右の円弧はピザを焼く窯です
ピザは歴史ある食べ物だったのですね
270.jpg


こうしてブログを書くと間違ったことも書けないし、もらった資料を読み返し、又日本史の年表とも比較し、
勉強になり良いですね
でもすぐ忘れてしまうんですよね(笑)

終わり
関連記事
2012-11-15 22:46 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イタリア旅行 1/2

イタリアに行って来ました
ミラノ→ ベローナ→ ベネチア→ フィレンツエ→ ピサ→ ローマ→ ポンペイ→ ナポリを周りました

関西空港からローマ経由ミラノへ飛行時間14時間、現地では観光バスで北部から南部まで
全行程走行距離1760km
いささか疲れました

雨季にも関わらず滞在中は連日の快晴で楽しい8日間の旅でした

全てをupする事が出来ませんので一部を紹介します
やはり歴史ある建造物の写真が多いです




<初日>
ファッションの街ミラノです
毎年ミラノコレクションが開催され流行の発信基地として有名ですよね


大聖堂
1386年から500年の歳月を費やし完成したとの事ですが、気の遠くなるような工期ですよね
柱も1mくらいの長さのものを積み重ねた構造で、その柱も外観の彫刻も全て大理石で出来ており
重機の無い時代ですから工期の長さもうなづけます
日本の室町時代ですものね
005_20121113154247.jpg


大聖堂内部
011_20121113154247.jpg




ミラノからベローナへ向かう途中の風景
020_20121113154246.jpg



ロミオとジュリエットの悲恋物語が生れるきっかけになった街 ベローナ
そのジュリエットの家
029_20121114161959.jpg





<2日目> 水の都 ベネチア
サンマルコ大聖堂前広場は観光客で溢れていました
私たちが訪れる前日まで広場は冠水していましたが、運良く行った時は引いていました
気候の影響で年5,6回は冠水するらしいです
そして私たちが帰国する10日には大雨で再び1.5m冠水したと帰国後ニュースで知りました


サンマルコ大聖堂とドカーレ宮殿(右側)
059_20121113154246.jpg




旅情あふれるゴンドラ
写真では誰もが見たことがあるシーンです
065_20121113154246.jpg



我々6人を案内してくれたイケメンのゴンドラのお兄さん
敬意を表して一枚
車と同じく免許が要るそうです
やっとすれ違いが出来るあの狭い水路を壁1cm単位で操るのですから
但しゴンドラの数か決まっているので空きが出ないとなれません
かなりの高収入だとか
047_20121114192127.jpg


ベネチア本土は車は有りません
すべて船が交通手段です
なので玄関口は運河に面しています
当日も水位が高く玄関口が水に浸かっていました
063_20121113230219.jpg




<3日目> ワインの産地フィレンチェ
グッチ、フェラガモはこの地で生まれた

総レンガ作りのベッキオ宮殿 1314年完成
貴族メディチ家の宮殿だったが、国会議事堂から今は市役所になっています
105_20121113154503.jpg



サンタマリア・デル・フィオーレ(花の聖母)大聖堂
1471年完成
ローマのサンピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次ぐ世界で3番目の
大きさを誇る
123_20121113154503.jpg



ピサ
ピサの斜塔はあまりにも有名ですよね
1173年から鐘楼(斜塔)の建設に着工、途中地盤沈下で傾くがそのまま続けて1350年に完成した
屋上の中心は4.5m横にずれています
139_20121113160608.jpg



斜塔だけがぽつんと建っているのかと思っていましたが、横には洗礼堂、その横には大聖堂があり、前は
広い芝生になっています
144_20121113160608.jpg


大聖堂の屋根を修理しています
古い建造物なので修理が大変です
どこの建造物も工事中が目立ちました
160.jpg




<続く>
関連記事
2012-11-14 21:31 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ