覚えられません


これは何でしょう
火花?
022_20130531211700.jpg



正体は庭に咲く?
「グラスホルデュームジュバタム」
舌をかみそうな名前
覚えられません
穂の先端が褐色に色づく観賞用の大麦です
熟れてくるともっときれいです
003_20130531211700.jpg
2013-05-31 21:21 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ソーラバタフライ

庭の花に来た紋黄蝶です
ssが遅いので羽がぶれています
087_20130527200421.jpg




ssを上げてもう1回撮りました
今度はハッキリ撮れましたね
見たことがない蝶です
???でも・・・
蝶の頭から針金のようなものが・・
120_20130527200744.jpg




失礼しました
正体はこれでした
118_20130527200420.jpg

商品名「ソーラバタフライ」
太陽光で動きます
単4電池でも動きます
小さいなモータが内臓されており、細いピアノ線の先に蝶
根本が回転アームにルーズに固定されています

風が無い時、蝶はぐるぐると円運動ですが、少し風があると円運動が出来ないので(アームは円運動している)
蝶は小刻みに前後、ゆっくり左右に動き、その度に羽がヒラヒラ
本物と間違うくらいの優れ物です
なので本物の蝶が近づいてきます

ちなみに中国製です
いつまでもつかな?
2013-05-27 20:06 : 2013その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

白鳥5兄弟

美観地区まで朝のウオーキング
倉敷川に定住している白鳥に赤ちゃんが生まれ、愛くるしい姿を観光客に披露しています
観光客からは「可愛い!!」の声
白鳥5兄弟です





ハートマークの間に赤ちゃん
115_20130525135946.jpg




両親に見守られながらの散歩です
081_20130525135947.jpg
2013-05-25 20:40 : 美観地区 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

熊野古道

先日の南紀旅行で世界文化遺産「熊野古道」を歩きました
歩いたと言っても20分位でしょうか
足を踏み入れた程度です

紀伊半島の西側 田辺~本宮大社へ向かう「中辺路」と呼ばれるルートのほんの一部です
古道の両側は樹齢500年以上の杉が鬱蒼としていて雰囲気は味わえました

この世界遺産の登録内容は「紀伊山地の霊場と参詣道」であり、熊野古道が脚光を浴びましたがそれ以外にも
吉野・大峯、熊野三山、高野山も含まれており、熊野詣での文化が登録されたのです

その昔京都からの熊野詣では大阪へ出て紀伊半島の西側(紀伊路)を通り、田辺から東へこの中辺路を歩き
熊野本宮大社→→熊野那智大社→→熊野速玉大社へお参りし、来た道を帰るというコーースが一般的で1カ月か
かったそうです

熊野古道は1ルートだと思っていましたが、いくつかの熊野詣の道があり、総称して熊野古道というそうです

先日19日に皇太子が熊野古道を1時間30分かけて歩かれましたね




この坂道20分だけでもしんどかったが、1か月かけてでも詣でるとは・・・
089_20130522183430.jpg
2013-05-23 19:34 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ホワイトガーデン

今日も暑かったです
高梁市は33℃全国で一番暑かったそうです
庭の花も水が欲しいでしょう

庭のネモフィラもなくなり、ブルーガーデンからホワイトガーデンに





オルラヤが満開です
003_20130522160251.jpg




047_20130521121915.jpg




バレリーナも満開です
と言っても木は未だ小さいのですが
昨年夏、理由あって植え変えたら案の定枯れて??しまいました
水は毎日やり、日よけもしていたのですが・・・・・・・
葉も全部落ち枝も枯れて
ところが・・・・・
春になって株から新芽がニョキニョキ、葉も青々と

そうです
根は生きていたのです
強いですね
これからどんどん大きくなるでしょう
仕立てに悩むところです
083_20130521153331.jpg





086_20130520204948.jpg
2013-05-22 20:51 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

管理者ページ