シャン、シャン、シャン

暑い~
と言っても言わなくても暑い
夏ですから

まだまだ これから 
覚悟しておきましょう

この暑さでブログネタも枯れそう
本人も枯れそう
庭の花も枯れそう

水分補給しながら庭の花にも水分補給
一雨欲しい!!

毎年のことですが庭木にブルブルと来て鳴くクマゼミが早朝からうるさいです

ジージー シャン、シャン、シャン、シャン~~

難聴になりそう

でも不思議と10時30分にはピタリと鳴きやみます
何なんでしょうね?

長い間の地中生活、やっと出てきても短い命
一日中ではないし、お盆頃までの我慢
まあいいか!!
と言うより仕方無いのが本音

昔はこのクマゼミ少なかったのに温暖化の影響で増えたとの説もありますが・・・・・

子供の頃セミ捕りに興じたものですが最近の子はどうなんでしょう
竹棒の先に針金で輪を作り蜘蛛の巣をぐるぐる巻き付けてセミの背中にペタッ
ニイニイゼミが多かったですがなかなか捕れなかったのを思い出します

その頃クマゼミはめったにいなくて、捕れたら嬉しかったものです
逆に今はニイニイゼを見ませんね
どうなってるの




涼しげな雲ですが今日も暑かった             2014.07.31 撮影
010_20140731105521430.jpg



毎日炎天下で彼女探し
真っ黒に日焼けしています
近くに寄っても逃げないのがふてぶてしくて腹立たしい
簡単に手で捕まえることが出来ます
029_20140731105520b8f.jpg

セミ写真上手く撮れません
専門に撮ってる人がいるんですよね
「どんな人?」
「セミプロ」


関連記事
2014-07-31 18:05 : 生物 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

初めての海水浴

先日 大阪の長男夫婦が孫(3歳)を連れて帰ったので渋川海水浴場へ行った
以前 水族館へ行き波打ち際で遊んだ際、大喜びだったので、さぞかし喜ぶだろうと・・・・

案の定その喜びようは半端じゃない

浮輪、ボール、ゴムボートどれで遊ぼうか水から上がっては
とっかえひっかえ入っては大きな奇声を発しながら笑顔一杯

波を怖がる事も無く、転んで水の中に顔がザブンでも泣かず
あっという間の楽しい海水浴デビューだった
 
大きくなっても 覚えて??いないだろうな~

帰る前日 おばあちゃんの家に一人泊まると言っていたが・・・・

一人で泊まりに来るのはいつ頃かな

楽しみだ





海水浴デビュー                 2014.07.20 撮影
017_2014072309550962c.jpg



皆で砂遊び
049_20140723095508537.jpg

それにしても海水浴場は何年ぶりだろう?
考えてみると子供が小学生の頃以来なので28年振り!!
早いものだ
関連記事
2014-07-24 20:18 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

巣立ち間近

久しぶりのup
そして久しぶりの撮り鳥

よくコメントを頂くTさんの今朝のブログ
ブッポウソウの巣立ちを激写されているのを見て
これは行かねば
いつ行く
今でしょ

で急遽吉備中央町へ
5月8日飛来した早々に行ったきりで今季2回目

巣立ちの瞬間を狙って大砲がずらり10人位
私の横は徳島から
県外の人が多いです



巣立ち間近の幼鳥に餌を口うつし                  2014.07.22撮影
042_20140722185736636.jpg




こちらも黄色い嘴を一杯に開け親を呼んでいます
昨日3羽巣立ち 残り一羽とのこと
ここはライブカメラで巣箱内の様子をモニターで見る事が出来ます
026_20140722185627356.jpg




餌をくわえずに巣箱へやって来て
どうやら巣立ちを促している?のでしょうが・・・・・・・
008_20140722185631097.jpg




ママが見本を見せても・・・・
穴から見ているだけで巣立つ様子なし
012_20140722185629325.jpg

なんとか巣立ちの瞬間を撮りたくて粘ったのですが・・・・・
今日明日には巣立つでしょう
又来年元気な姿で帰って来て!!

関連記事
2014-07-22 19:45 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

道北ツアー ( 最終章 )

北海道的な風景が続く美瑛・パッチワークの丘
美瑛町が丘の町として有名になったのは写真家 前田真三さんの代表作「麦秋鮮烈」が発表されてからです
ここ美瑛の丘には彼の作品を常設展示してある「拓真館」と言う写真ギャラリーがあります
以前来た時は拓真館にも寄り「麦秋鮮烈」をはじめ美瑛の丘を撮った多くの作品を見ましたが今回は車窓からの眺めだけで通過でした

その他見どころ一杯でフリーの旅行でレンタカーで来た時は写真の撮りまくり
いくら時間があっても足りません
しかし駄作ばかりで前田真三さんのようにはいきません
岡山南地区の麦畑を撮るようになったのは「麦秋鮮烈」を見てからです(笑)

シーズン初めで観光バスも多くはありませんでしたが8月にはこの道はバスが連なります
昔は農道だった道も立派な道路になっており、時折大きなトラクターも走っています(当たり前か)

昔ニッサンのTVCMでケンとメリーの愛のスカイラインというのがありましたが
上空からの撮影でスカイラインが疾走するシーンはここで撮影されたものです

写真は撮れませんでしたが、なだらかな曲線を描くジャガイモ畑の白い花も綺麗でした
ジャガバターも美味しんですよね そしてご当地限定お菓子「ジャガポックル」も
120_201407111622277a0.jpg




美瑛を後にして次は富良野町にある「ファーム富田
ラベンダーとお花畑が有名で夏の北海道では外せない場所ですね
まあ ちょっといろいろあって説明しきれませんので省略(笑)
今回は道北がメインだったのでここは時間が少しだけ
奥さんは土産、私は写真そしてソフトもメロンも食べながら大忙し!!


ファーム富田の定番写真
旅行雑誌に必ず載っている広大なお花畑 
遅咲きのラベンダーはもう少しですね
生憎の曇り空 残念!!
144_20140711152815194.jpg




白樺林とお花畑
132_20140711152817f32.jpg




ラベンダー畑に入ると香り一杯
早咲きの濃紫ラベンダーが見頃です
大勢の観光客
以前に比べ中国人の富裕層?が多かったです
133_20140711152817cec.jpg



道央なのでここは暑かったです
なのでラベンダーソフト
薄紫色をしており上品なラベンダーの香り
今回の旅行で何個目かな(笑)
カットメロンも美味しかった
141_20140711152815e3a.jpg



「白い恋人」?
確かに白いけど・・・・・
お菓子じゃない(笑)
148_20140711152814ee4.jpg

ファーム富田を最後に千歳空港へ
そして千歳から羽田へ

ちょっとしたハプニング
羽田着陸間近に機内放送
「先程着陸した飛行機の部品が滑走路に落下したので滑走路確認中のため上空で待機します」
てな訳で上空を30分ほどぐるぐる旋回 
無事羽田空港へ着陸

そして岡山空港へ
今度は搭乗手続き開始する前にアナウンス
「岡山空港は霧のため現地で安全に着陸が出来ないと判断した場合は羽田空港へ引き返します」

えっ なにそれ!!
心配でしたが霧は晴れ無事岡山空港へ着陸

ともかく無事帰宅
今回は道北ということで自然、食べ物、今迄に無い盛りだくさんの楽しい旅でした

関連記事
2014-07-11 20:25 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

道北ツアー( 3 )

宗谷岬
日本最北端の地です
北緯45度31分22秒
着いたのが12時30分でしたが気温15.3度 寒かった~
日本最北端のガソリンスタンド、日本最北端の店など日本最北端の○○という看板がたくさん有ります

三角は北極星の一稜をモチーフに作られた日本最北端の地を示す記念碑
104_20140709204439fe0.jpg


日本最北端到達証明書をもらいました
106_2014070920443851e.jpg


日本最北端の店 柏谷です
107_20140710183859124.jpg



宗谷岬を後に昼食場所の猿払へ向かいます
猿払はホタテの水揚げ全国一です
道内でも特に水温の低い場所で育ったホタテは甘みが強く大ぶりで肉厚
5年かけて育てられた5年ものは、他の産地のものよりも一回り以上大きいのが特徴です

ここでの昼食は勿論「ホタテづくし料理」
満足 満足

食事後は層雲峡温泉までただ走るだけ
昼食でお腹いっぱい、そして疲れもあり、皆さん爆睡

途中の車窓からキツネ、シカに遭遇

ガイドさんが教えてくれました
動物を探す時は次のように探すと良いとの事
熊はクマなく探す
鹿はシッカリ探す
狐はコン気よく探す
110_20140710184538149.jpg

111_20140710184537c1c.jpg



4日目
層雲峡温泉から美瑛・パッチワークの路
北海道ならではの広大な丘の風景が続きます
車窓から
124_20140709204437dd1.jpg
 
<続く>
関連記事
2014-07-10 19:55 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

道北ツアー ( 2 )

礼文島から利尻島 鴛泊港へフェリーで移動
40分で到着
鴛泊港からはバスで利尻島内一周です

途中の姫沼で下車
野鳥(コマドリ、エゾセンニュウ)の囀りとガイドさんの説明を聞きながら整備された木道を散策
30分で沼一周です
残念ながら野鳥の姿は見ることが出来ませんでした
写真撮りたかった!!!!


次はオタトマリ沼
島内何処からでも利尻富士は見えますがそれぞれに山の姿は異なります
風が無ければ湖面に利尻富士が写るのですが・・・・・

北海道銘菓「白い恋人」のパッケージの写真はこの位置から撮った冠雪の利尻富士です
ここで食べたハマナスソフトはバラの香りがして美味、そしてホタテのバター焼きも言う事なし!!

標高1721m 残雪がありますね
日本百名山に選ばれており登山客も多いそうです
062_20140707201000e98.jpg




オタトマリ沼から仙法志御崎公園へ向かう途中の車窓から撮った昆布を干している光景です
天日干し後の昆布を束ねています
これが有名な利尻昆布です
こうして天日干しすることで旨味が増すそうです
この辺りで採れる天然物昆布は市場には出回っておらず殆ど京都の料亭が買い占めているそうです
065_201407081352574b7.jpg




仙法志御崎公園
利尻島は噴火により出来た火山島なので海岸にはゴツゴツした黒い溶岩の固まりがあります
070_20140708135256f9a.jpg




富士野園地では道北の初夏を知らせる花エゾカンゾウが群生していました
エゾカンゾウの花は午前中に咲いて夕方に閉じる一日の命
道北に初夏を告げる花でニッコウキスゲの仲間
どの写真も利尻富士が背景になってしまいます(笑)
078_2014070813525585b.jpg




3日目
利尻島鴛泊港から稚内港へ帰り市内で海産物のショッピング
とにかく安い!!!
土産を買いこんだ後ノシャップ岬まで移動


ノシャップ岬
ここから42km北方がサハリンです
昔から稚内と歴史を刻んだ地ですね
晴れていればサハリンが望めるそうですが当日は見えませんでした
ここのノシャップ岬の漢字は「野寒布岬」
読み方が似ていますが根室市の日本最東端にあるのはノサップ岬「納沙布岬」です
ノシャップもノサップも同じ岬と思っていましたが違ったんですね
知らなかった~
いずれも語源はアイヌ語からだそうです
どこの地名でも難しいのがありますが北海道は特にそうです
バスの中で50問の地名クイズがありましたが9問しか分かりませんでした
098_201407091359475b9.jpg


ノシャップ岬に咲くハマナス
いたる所で咲いており、甘いバラの香りがします
「知床旅情」、「宗谷岬」の歌詞にでてくる花ですよね
099_201407091359462f3.jpg

<続く>
関連記事
2014-07-09 20:25 : 旅行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

道北ツアー ( 1)

夏の旅行と言えば北海道ですが道北(稚内、利尻島、礼文島)は未だ行った事が無かったので行って来ました
ちょっと早いですが混まないし、礼文島の花が最盛期なので
全員岡山空港から出発と思っていたのですが・・・・・
高知空港、高松空港 愛媛空港 大分空港 福岡空港からの多国籍軍が千歳空港で集合でした
3泊4日 千歳空港からはバス移動 総走行距離 1080km 大阪~東京間を往復する距離です!!
北海道はデッカイドウ(古い)

一日目
千歳空港から稚内を目指し、ガイドさんの説明を聞きながら雄大な景色を眺め、ただただ走るだけ
海岸沿いの232号線で見えた日本海に沈む夕日は瀬戸内海では見られない風景で最高
写真撮りたかったなあ

二日目
稚内港~礼文島香深港までフェリーで2時間の乗船
こんなに長時間 船に乗るのは初めて
一瞬 韓国のフェリー沈没事故が頭をよぎる
シーズン初めでお客さんは少ないと言うものの観光バスがずらり大勢の客です
特にお花畑を目当てにトレッキングする大きなザックを背負った年配の方が多かったです
皆さんお元気ですね


利尻島を背景に飛ぶウミネコ
船上から最北での撮り鳥(笑)
時間つぶしに丁度良かったです
揺れる船上から飛んでる鳥を撮るのは難しい
それにしても海の色が半端じゃない
018_20140707200926c22.jpg


餌を目当てにフェリーを追いかけてくるウミネコ
058_201407072009238ed.jpg


礼文島 スコトン岬
日本最北限の店、日本最北限トイレの看板がありましたが・・・・・??
宗谷岬が日本最北端では?
昔ここが最北端と思われていたのですが詳細な測量結果、 宗谷岬が少し北だと判明し、
やむなく看板は最北限とした
ややこしい 観光目当ての苦肉の策ですね
手前の白い花はエゾノシシウド
020_20140712135710966.jpg


礼文島 桃岩展望台へ登る丘陵地は一面高山植物のお花畑
花の浮島と言われるだけあって可憐な花が咲き誇っています
ピンク色はイブキトラノオ 白はオオカサモチ
045_2014070720092586f.jpg


礼文島は約300種の高山植物があるそうです
写真はレブンシオガマ
ガイドさんが花の名前を説明してくれますが、聞いたハナから忘れています
051_20140707200924a4a.jpg

以下お花畑に咲いていた花の一部
名前は省略(笑)
055_20140708204159511.jpg

024_201407082041401cb.jpg

033_20140708204138feb.jpg

040_20140708204138324.jpg

052_201407082041372f2.jpg

お花畑散策後の昼食はウニ丼
大きな丼にごはんが全部隠れてしまうほどのウニが載っています
これ一度食べたかった~~
岡山で食べるウニとは全然味が違います
 
昼食後礼文島 香深港から利尻島までフェリーで40分の船旅です

<次回に続く>
関連記事
2014-07-08 20:55 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ