彼岸花三景

明日は秋分の日
秋分の日といえば彼岸花
この時期どこへ行ってもこの赤が目立ちます

先日美咲町へ行った時に撮影した彼岸花絡み三景です
賞味期限が過ぎないうちにUPです




蝶と                        2015.09.19 撮影
116.JPG変換



棚田の蕎麦と
090_20150922183641920.jpg



蕎麦の花と
011.JPG変換

関連記事
2015-09-22 18:56 : : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

サンセットフェスタinこじま

昨日夕方「サンセットフェスタinこじま」なるイベントが岡山県児島市
鷲羽山展望台でありました

瀬戸内海に美しく沈んでいく夕陽を鑑賞しながらコンサートを楽しむ”夕景と音楽の
コラボレーション”イベントです

昼には備中神楽、舞踊、夕方からは三味線、尺八の演奏

演奏を聞きにというよりは久しぶりの瀬戸大橋の夕景撮りが主です

暮れゆく空が刻々と変化していく様はたまりませんね

尺八の澄んだ音を聞きながらの撮影、最高でした!!


以下時系列に



現地到着時は三味線の演奏中
大勢の観客です                   2015.09.20 撮影
097_201509211556579ef.jpg



残念ながら夕陽は雲の中へ隠れて見えませんでした
大勢の観客が見ているので恥ずかしかったのでしょう
108.JPG調整



夕陽が沈んだ後、秋らしい雲が広がりました
赤く染まる空も良いですが、こんな空も良いですね
148_2015092115254388b.jpg



ブルーモーメントも良いですね
ライトアップされ斜張橋、かすかに輝き始めました
160_20150921152212b3a.jpg



暗くなり輝きを増した瀬戸大橋
上空には月と星
澄んだ尺八の音を聞きながら、こんな景色が見られるなんて!!!
なんだか自分がどこにいるのか、分からなくなるような錯覚にさえなりました

長時間露光、8枚のコンポジットなので月が楕円形、星が少し流れています
右下の木の紫は舞台照明が当たったため変な色に
月の無い夜に星を回しすのも良いかも
合成2.JPG調整




瀬戸大橋を背景に「き乃はち」さんの演奏
尺八と聞くと民謡の伴奏というイメージ、なんだか古めかしい感じでしたが、
ヘッドマイクを付けて立ったままお喋りしながらの演奏

照明とスモークの演出、ロケーションも素晴らしく、何より上手、聴き惚れました
これなら若い人にも受けるのでは・・・・・

先日、ラグビーワールドカップで日本が南アフリカに劇的な逆転勝ちしましたが、
日本ラグビー応援曲を制作し、PVに使われることになったそうです
218.JPG調整トリミング
関連記事
2015-09-21 18:43 : 夕日 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

吉備路の夕焼け

昨日美咲町へ行った帰り、丁度日没時になったので、総社国分寺へ寄った
大した焼けでもなく、それでも日没までは輝いていた空も黒くなったので、
帰ろうと思い、駐車場へ向かっていると ウン?なんか空に赤味が・・・・・・
見る間に焼けて来た
慌てて現場に戻り撮影
ファインダーを覗いているとチキン肌が立った
今迄のベスト3に入る見事な夕焼けだ



いつもの焼けだと思っていたら             2015.09.19 撮影
390_20150920221356595.jpg



見る間にこんな感じに
409.jpg



全体ではこんな感じで塔の上だけが焼けた
420_201509202213544fc.jpg
関連記事
2015-09-20 22:32 : 五重塔 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

赤い絨毯

昨日は撮影三昧の一日だった
久米郡美咲町(赤蕎麦、棚田)→真庭市古見(川東公園彼岸花)→
姫新線(撮り鉄)→総社市(吉備路五重塔夕焼け)

この時期、どこも真っ赤な彼岸花が目立つ
毎年決まったようにお彼岸になると律儀に咲くものだ

順不同だが、旬の彼岸花を先にアップ



岡山県真庭市古見の川東公園傍、旭川の土手に群生している彼岸花
一面赤い絨毯を敷き詰めたよう

昔、埼玉県日高市巾着田の日本一の彼岸花群生地へ行ったことがあるが、
規模的には劣るものの見事だ
まだ蕾もあるがもう2~3日で見頃になるだろう

                           2015.09.19 撮影
216_20150920142053525.jpg



285_20150920140837398.jpg



214_201509201408424de.jpg



257_2015092014084006b.jpg

残りはおいおいにアップ予定
関連記事
2015-09-20 15:00 : : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

彼岸花


昨日朝は雨でしたが、用事があり出かけたついでに岡山市足守地区へ
彼岸花の開花状況を見に行って来ました
行った時には雨も止んでおり、少し日が射していました

場所にもよりますが、大体5分咲き程度で
全体が赤くなり景色を絡めて撮るにはもう少し先です
さて?いつごろがベスト?


この畔だけは何故か満開
2015.09.17 撮影
022.JPG調整




畑に植えてあった栗
手入れが良いのか大きかったです
015.JPG調整




コシアカツバメが飛んでいました
家の近くでは見る事がありません
撮るのに一苦労
007.JPGトリミング


関連記事
2015-09-18 17:56 : : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

京都 下鴨神社

糺(ただす)の森
下鴨神社境内を取り囲んで広大な「糺(ただす)の森」があり、その中に長い参道があります
うっそうとした森の中に野鳥の鳴き声が聞こえ、気になったので
観察すると渡り途中だと思われるサンコウチョウがいました
レンズが短いので撮ることが出来ず、普段あまり見る事が無いだけに残念でした

長い参道の向こうに鳥居が見えます?
かすかに朱色が・・・・?
見えませんね~
両側には大きなモミジの木がたくさんあり、紅葉も綺麗だろうな
072_20150916182038970.jpg




下鴨神社
しばらく参道を歩くと大きな朱色の鳥居が目に飛び込みます
下鴨神社は正式には賀茂御祖(かもみおや)神社とよぶそうです
本殿2棟、社殿53棟に広大な「糺(ただす)の森」を含め世界文化遺産に指定されています
境内には摂社、末社含めて多くの神様がいらっしゃいます

ちなみに葵祭はこの下鴨神社と上賀茂神社のお祭りなんですが、上鴨ではなく、
上賀茂神社なんですね
知りませんでした
049_2015091618204070d.jpg




下鴨神社から出町柳駅方面へ鴨川を渡っていると土手に彼岸花が
咲いているのを見つけ今季初撮り(ブログアップ済み)

時間があったので祗園四条で途中下車して辰巳大明神辺りをぶらり

桜の時期にも来たことがあります
その時は夜桜見物の人で賑やかでしたが、この時期しかも昼間なので人も少なく静かでした
これが本来の風情かも・・・・・
料亭も多くあり夜景は又違うのでしょう




辰巳大明神
もともとは辰巳の方角を守る神社だったらしいですが、今では祇園の芸舞妓さん、
芸人からの信仰を集め、芸上達にご利益のある小さな神社です
夕方来ると芸舞妓さんがお参りする光景も見れるかも・・・・・
両手を合わせる芸舞妓さん、絵になるだろうな~
関西芸人さんの名前もたくさんありました
112.JPG修正1




白川南通りでは人力車のお兄さんが和服の外人女性に英語で説明していたが、
結局乗らなかった
107_201509162043247c3.jpg
関連記事
2015-09-17 18:49 : 風景 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

京都 河合神社

京阪電車 出町柳駅を降りてぶらり

先ずは下鴨神社の摂社である河合神社へ
下鴨神社の糺の森の一番南にあります
御祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)


<案内板より>
神武天皇のご母神として日本建国に貢献されました
内助のご功績は日本の婦人の鑑として仰がれています
又、すべての女性が一層美しくなりたいという願望と安産、育児、縁結びなどを
叶えて下さる神様として広く知られています




うっそうとした糺の森の緑に朱色の鳥居がひと際目立ちます
                           2015.09.11 撮影
27角度



美人の神として女性からの人気が高く、手鏡の形をした「鏡絵馬」に
化粧を施したものがたくさん奉納されています

さすがに女性参拝者が多く、この鏡絵馬に自分の顔を書いて奉納していました
美人の方も、それなりの方も、そうでない方も・・・・
コピー (1) ~ 032



奥の右端社殿に鏡絵馬が奉納されいます
033_20150916095346902.jpg

<続く>

関連記事
2015-09-16 18:11 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ