そろそろ北帰行


倉敷川土手沿いをよくウォーキングしますが、
この季節は色々な種類のカモ達が多く飛来して
おり、ウオッチングを楽しみながら歩いています

お気に入りはヨシガモ(オス)とオカヨシガモ(オス)
エレガンスなヨシガモに対しオカヨシガモはシックな装いです
特にヨシガモの頭部は光線の射し具合により色が変り綺麗です
なのでヨシガモファンは多いでしょうね

少し前の撮り置きですが、そろそろ北帰行でしょうね




ヨシガモ(オス)
白と黒の飾り羽(三列風切)がカールして垂れ下がっているのが魅力的
IMG_7523トリミング変換s





ヨシガモ(オス)に囲まれたメス
IMG_7440変換s





飛んでいる時の飾り羽はどうなっているのだろうと
以前から思っていたので撮ってみた

翼を閉じている時の飾り羽は目立ちますが、開くと
三列風切の奥の方にあり、小さくて判りづらいですね
飾り羽の名前の通り飛ぶ時にはあまり必要無いのでしょうね
IMG_7529トリミング変換s





お洒落な紳士  シックなオカヨシガモ(オス)
IMG_7630トリミングss





きれいなグラデーション
IMG_7606トリミング変換s





ヨシガモとオカヨシガモ
IMG_7431トリミング変換sss




久し振りのニューナイスズメ
IMG_7574トリミング2変換2s

関連記事
2018-02-28 18:04 : : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

倉敷雛めぐり

倉敷雛めぐりが2月24日~3月11日まで
美観地区を中心に開催されています

初日に行って見ました
朝一番だったので観光客は少なかったのですが、
昼からは賑わっていたようです

このイベントが始まるといよいよ春ですね


新渓園の遊心亭には多くのお雛様が飾ってあります
2018.02.24 撮影
IMG_8809トリミング変換ss





新渓園の庭にも飾ってあります
IMG_8844変換sブログ





旅館くらしき
IMG_1629変換s





吉井旅館
IMG_1649変換s





平翠軒
IMG_1657変換s





備中そば やぶ
IMG_1593変換s
関連記事
2018-02-27 17:16 : 美観地区 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

余部橋梁を渡る列車

さらに東へ車を走らせ、鳥取県から兵庫県へ
そして最後の目的地 余部橋梁に到着



地上41mにある余部駅は橋梁の西側(写真左側)にあり、
昨年までは山の斜面を歩いて登り降りしていたのですが、
エレベーターが設置されたので楽になった事でしょう
ここはまだ雪が多く残っています

余部橋梁を渡る旧国鉄色キハ  2018.02.23 撮影
IMG_8660トリミング変換s





駅のホームにて撮り鉄青年
こんな時もあったな~
IMG_8535cr変換sブログ





余部鉄橋は悲惨な列車転落事故を契機に、以前の鉄骨構造から
鉄筋コンクリート構造に架け替えられましたが、新しい橋の横には
昔の鉄骨製の橋脚が一部残されています

なので今は鉄橋ではなく橋梁と呼ぶべきでしょうか
IMG_8703変換s





昔の鉄骨製橋脚の上にはレールも一部残してあります
エレベーターを降りて余部駅へ向かう通路の端にて
IMG_8614変換s





昨年エレベーターが設置されたようです
エレベーター内から北側の風景を
IMG_8621cr変換s





エレベーター内から西側の風景を
IMG_8629cr変換s
これにて撮り鉄記終了です

関連記事
2018-02-26 18:46 : 列車 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

瑞風と山陰本線を走る列車達

大山北壁を右に見ながら9号線を東へ進み
泊駅~青谷駅の中間くらいにある高台を目指す

9号線から外れて山道を通り高台に到着
眼下には紺碧の日本海と大宝寺、そして
山陰本線の単線、無電化のスッキリした
線路がきれいなカーブを描いていた
時間的に瑞風は無理なので通過するいろんな気動車を撮った



大宝寺の黄金像と黄金列車 2018.02.23 撮影
IMG_8325cr変換s





特急 スーパーはくと
ブルーと朱色のボディ-カラーは海のブルーと屋根瓦の朱色とマッチ
IMG_8407cr変換s





旧国鉄色のキハ
民家の朱色屋根瓦がよく似合う
IMG_8394CR変換s





高台を後にして9号線をさらに東へと
瑞風が立ち寄り観光で停車する東浜駅へ向かう
昨年6月に運行開始した瑞風の観光停車駅に決まり、
駅舎の一部を改造して近代的な建物になっている

瑞風はここで観光のため約3時間の停車
ここで何を観光するのかと思ったら、「世界ジオパーク
認定の浦富海岸の眺望と地引網の実演」見学するようだ

停車中の瑞風のエンブレムが近代的な駅舎の屋根に映っていた
IMG_8445cr変換s





瑞風が観光停車している東浜駅へ特急「はまかぜ」が入って行く
左に瑞風の先頭車両が小さく見える
IMG_8457CR変換s





観光を終えた乗客を乗せた瑞風グリーンの専用観光バスが駅に到着
ブルーのハッピを着た地元の方が手を振ってお見送り
専用バスと瑞風のコラボはなかなか撮れないと思うが
IMG_9943crトリミング変換ss





東浜駅を出発した瑞風
IMG_8520CR変換2sブログ
この後餘部鉄橋での撮影と続く
関連記事
2018-02-25 19:45 : 列車 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

トワイライトエクスプレス瑞風と大山


一度撮って見たかった山陰を走る
トワイライトエクスプレス瑞風

昨日は山陽・山陰周遊コース三日目
鳥取県の西から東へと瑞風を追いかけた
写友Kさんにご一緒させてもらった撮り鉄記
似たような写真ばかりですがご容赦を




最初の撮影地
伯備線 岸本駅近く
到着時は真っ暗
車から降りて空を見上げると満点の星
熱いコーヒーを飲みながら待っていると
東の空がかすかに白け始めて
大山のシルエットが見え始めた
2018.2.23 5時51分撮影
IMG_7829変換S




きれいな朝焼け
上空はまだ明けきれないブルーが残る中、一番列車が行く
IMG_7855cr変換3 s




瑞風が伯備線に入線するか否か、情報が曖昧だったが、
岸本駅で江尾方面に向けて走る瑞風を偶然に確認出来たので
撮影ポイントへ行き、瑞風の帰りを待つ

だいぶ明るくなったが、瑞風グリーンは分からない
窓明かりでも漏れていれば列車の雰囲気が出るが
乗客の皆さんは未だお休み中だろうか
IMG_7958cr変換ブログs




横で撮影されていた地元のカメラマンさんは
3時頃から星を撮った後ここへ来たとか
そしてこの後ダイヤモンド伯耆富士を撮りに行くとの
事だったので現地まで案内してもらった

大山頂上で輝くダイヤモンド撮りは日時、場所、
天候の加減で難しいようで残念ながら中腹からの
日の出となり、ダイヤモンド伯耆富士にはならなかった

でもたまにしか撮らない大山からのきれいに輝く朝陽が撮れたのはラッキー
達磨朝陽の撮影と同じで難しい事は容易に理解出来る
案内して下さった地元の親切なカメラマンさんに感謝
IMG_8047変換s




東へ向かう途中で見えた大山
山にはまだまだ残雪はあるが、平地には雪も無く、
田んぼの緑が早春の息吹を感じさせる
IMG_8131変換3s




さらに東へ進む途中
開けた場所で大山が見えたので風景を撮影中、突然に瑞風
まさか我々より後にいたとは知らなかった
電線はご愛敬で
IMG_8181変換22 ss
この後、青谷駅くの高台を目指して出発
関連記事
2018-02-24 17:21 : 列車 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

定番ながら

総社市 五重塔ライトアップ期限が2月28日と残り僅か
風も無く暖かったので塔の映り込みを撮ってみた

日が沈み少し赤が残る西空
薄暗くなるにつれ黄金の塔が明るさを増す



定番ながら   2018.02.20 撮影
output_comp1ss_20180222195130ca2.jpg
関連記事
2018-02-22 19:53 : 五重塔 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

第5回 吉備路フォトコンテスト 入賞

本日、 吉備路もてなしの館で表彰式 があったので出席しました
どの写真もいつも見ている風景ばかりで親しみが持てます

表彰式の後、審査委員から講評がありましたが、
自己流で撮っている小生には参考になりました

入賞作品は「吉備路もてなしの館」で
27日(火)迄展示されています

IMG_7827変換ブログs





入選作品  「収穫を終えて」
IMG_0839 (2)s
関連記事
2018-02-21 15:53 : フォトコン : コメント : 18 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ