偶然の記念列車

夕方の父母ヶ浜での撮影まで時間があるので、
近くの予讃線で撮り鉄

見ず知らずの道をウロウロと場所探ししていると、
満開のコスモス畑があったのでスタンバイ

隣で撮っていた若い人と話しをすると、最後の赤帯 
121系ファイナルツアー列車が走るとのこと

小生、型式云々には興味も無いし、赤帯と言われても
愛着も無いが、今年で消えるとのことなので撮ってみた


<コピペ>
121系近郊形電車は現在、7200系電車への
改造及びリニューアル工事 が進行しており、
今年度中に形式消滅する見込みです。
今で は貴重となった121系の乗り心地や走行音、
長距離乗車をこの機会に是非お楽しみください
平成30年 10月 27日 土曜日 日帰り
高松~今治間 往復 121系 貸し切り電車


赤帯ファイナル列車 予讃線 高松行  2018.10.27 撮影

IMG_3895変換3s





さらにコスモス畑の線路際で撮っている人がいたので聞くと、
特急「しおかぜ」と 「アンパンマン列車」が連結して
走るとのことだったので、ついでにこの列車も撮影

先頭3輌は特急「しおかぜ」
予讃線 高松行
IMG_3982cr変換s





後4輌はアンパンマン列車
特急しおかぜもアンパンマン列車も岡山へ乗り入れているので、
何度も撮ったことはあるが、連結しているのは初めて
風でコスモスが向こうに揺れていたのが残念
IMG_3992cr変換2ss



関連記事
2018-10-31 18:48 : 列車 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

久し振りに海を渡る

庭のコキアも紅葉しているし、讃岐まんのう公園の
コキアはどうかと思い,、行って見た
瀬戸大橋を渡るのも久し振り



道中、太鼓と鐘の音が聞こえたので見ると秋祭で獅子が舞っていた
そう言えば今年は秋祭風景を一枚も撮っていない
2018.10.27
IMG_3611変s





まんのう公園のコキアも丁度紅葉真っ盛り
IMG_3766トリs





IMG_8479トリs




1時間に一回 大量の水が流れる滝
IMG_3721変換2s



花壇も百花繚乱
IMG_3764s.jpg





車で海岸沿いを走っているとパラグライダーの帆のようなものが
見えたので、行ってみるとカイトサーフィンを楽しんでいた
白波が立つくらいの風、海上をかなりのスピードで疾走していた
難しそうだが楽しいのだろうな~
初めて見たが、撮るのも結構楽しかった
風下に走るのは分るが、風上に向かってもジグザクでなく直線的に走っていた
IMG_8887変換s





IMG_8568トリ変s





IMG_8793トリ変s





折角海外まで遠征したので夕方、父母ヶ浜へ寄って見た
生憎の風と曇り空で太陽は見えず、
フォトジェニックな写真は撮れなかった

インスタ映えする写真が撮れる場所として、
SNSで一気に拡散して久しいが、
相変わらず人気のようで、こんな天気でさえ
海水浴客なみの若者の多さに驚き
そりゃそうだろう、こんな爺も行くのだから・・・
機会があればリベンジしたい
IMG_4018変換sss


このまま帰る筈もなく、父母ヶ浜へ行く途中、予讃線で撮り鉄も
次回UP予定


関連記事
2018-10-30 18:05 : 風景 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  4/4

三日目
夜中は雨が降っていたが、朝は青空が見えていた
今日の予定は上高地→乗鞍岳



今朝も早起きしてホテル周辺を散策
近くの山もきれいに色づいていた

濡れた路面に落ちたばかりのモミジ    ナナカマドの実が赤く熟れていた
IMG_2671変換2s連結





写真右: 上高地へ向かう途中の道路両側はどこまでも続くリンゴ畑
     真っ赤に熟したリンゴがたわわに実っていた(車窓から撮影)

写真左: 平野から梓川の渓谷へ入り、上高地を目指す
     両側の山々はまさに錦秋
IMG_3037変換ブロ具ss連結





上高地へ到着(標高1500m)
田代池で下車し、河童橋まで、上高地のほんの一部を散策
出発までの1時間半ではとても全部を見ることは出来ない

梓川沿いにカラマツ林が続く
ここでの紅葉(黄葉)はカラマツが主体
IMG_3160cr変換s




 
河童橋
平野部は晴れていたが、ここでは曇り
生憎の天気で穂高連峰は望めず
青空に映える新雪の穂高連峰を見たかったが・・・
IMG_3219cr変換2s





登山者らしき人が三脚を構えて撮影
白樺の間から何を撮っているのだろう
IMG_3270cr変換2sss





来た道の対岸を歩き河童橋から駐車場へ向かう
IMG_3227cr変換s





逆光に輝く黄金色を見たかったが・・・
IMG_3186cr変換3s





上高地から乗鞍岳へ向かう途中、一瞬日が差した時に車窓から撮影
しばらくはこのような景色が見られたが、乗鞍スカイラインに入り、
標高が高くなるにつれて、霧が濃くなり晴れることはなかった
IMG_3280cr変換s

真っ黄黄の同じような写真ばかりで、長々と引っ張りましたが、これにて了
関連記事
2018-10-29 18:36 : 旅行 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  3/4

二日目
今日も紅葉と天空の絶景巡り

先ずは山梨県北杜市にある「清里テラス」
駐車場からパノラマリフトに乗り10分
標高1,900mの山頂からは「清里高原」を目の前に、
又、遠くには富士山や南アルプスの絶景が広がる

テラスからカラマツ林、清里高原を臨む  2018.10.23  撮影
IMG_1997cr変s





パノラマリフトで下りながらの撮影
両側には黄金色のカラマツ
IMG_2027cr変換s




 
左写真 :雲に少し隠れた富士山がうっすらと
見えたが、写真では分りづらい
右写真 :いくつもある丸いソファに腰掛け、
コーヒーを飲みながら眺望を楽しんでいます
IMG_1976cr変換s連結





清里テラスから富士見高原 創造の森へ(長野県諏訪郡)
八ヶ岳の最南端、網笠山の裾野に広がる
標高1420mの高台まで無人運転カートで上る

ゴルフ場のカートと同じで道路に埋設された
金属をセンサーが検知しながら上って行く
振り返ると後続のカートが続いている

途中で止まることはなく、標高差200mの頂上までは25分で到着
ここでも頂上からは富士山が見えた


いずれもカートからの撮影
ハイキー調で
IMG_2258cr変換2s





カート道両側には延々とこのような白樺林が続く
鮮やかな楓と違い、白樺の落ち着いた錦秋模様
IMG_2271cr変換2ss





霧ヶ峰高原
茅野から美ヶ原まで標高1700mを走る天空のビーナスライン
その中間辺りに位置する霧ヶ峰高原
夏にはニッコウキスゲが咲き乱れる場所だが、今は枯れススキ
IMG_2390cr変換s





IMG_2405変換ss





美ヶ原に到着
美しの塔(霧で視界が悪い時に登山者のために鳴らす鐘の塔)
IMG_2491cr変換s





標高約2000m 360度の大パノラマ               
IMG_2505変換s
2日目終了
関連記事
2018-10-28 20:48 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ   2/4

2日目
朝早く起きてホテル近くの湖畔を散策
遊歩道が施設されており、
紅葉を愛でながらの散策は気持ち良い
近くでカケスを見かけたが短いレンズでは無理

気温は何度くらいだったのだろう
蓼科高原の標高1500mにあるホテルなので、
かなり冷え込んでいたであろうと思われる

湖面には白く蒸気霧が立ちこめており、写真的には最高
一日撮っていても撮り足りないくらいの風景だが、
朝食の時間も迫って来たのでホテルへ





日が当たる前の少し暗い湖面に白い蒸気霧がいい感じ
2018.10.23  撮影
IMG_1886cr変換s





IMG_1732cr変換5ss





IMG_1861cr変換トリss




少し明るくなり紅葉がより鮮やかに
IMG_1768cr変換s
関連記事
2018-10-27 21:47 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

十六夜月達磨

西空の焼け具合を見ていたら、急に月達磨が撮れる
数少ないチャンスである事を思い出し、急遽出かけた

到着後、三脚をセットし、カメラの調整が終るや否や、
水平線にうっすらと、まさにいざよいながらお出まし
ギリギリ間に合ってホッ

何度か挑戦しているが、撮れたのはこれで2回目
でもこんなに完全な月達磨は初めて
水平線から少し昇った所で頭が雲に隠れたので、
まさにツキがあったとしか言いようがない

達磨朝陽の場合は周りの風景と絡ませて撮れるが、
月達磨は暗いので、ただ月を撮るだけになる
面白味には欠けるが、撮れる機会が少ないので希少価値あり

月の出:18時01分
方位 :77.8度



きれいな十六夜月達磨  2018.10.25 撮影
IMG_3527cr変換2調整sss

関連記事
2018-10-26 15:18 : : コメント : 13 : トラックバック : 0 :

一足早く紅葉を楽しむ  1/4

紅葉前線は南下中であるが、当地方ではもう少し先だろう
でも大山辺りでは見頃を迎えているようだ

先日、信州へ行き一足早く紅葉と天空の絶景を楽しんだ

往路の高速道路から眺める南アルプス連峰は
既に冠雪しており、冬の訪れを感じさせる

紅葉は京都のような鮮やかな赤は少なく、カラマツをはじめ、白樺などの
黄葉系が多く、そのグラデーションは落ち着いた雰囲気の錦秋模様である

以下、写真の出来映えは度外視して記録として何回かに分けて投稿予定





千畳敷カールを目指す
宝剣岳(標高 2931m)の真下に広がる千畳敷カール(2612m)へは
駒ヶ根菅の台から専用バスに乗り換え、バス一台がやっと通れる
曲がりくねった山道を約30分かけて、「しらび平駅」まで行き、
ロープウエイに乗り、約8分で千畳敷駅に到着
一気に雲上の別世界が広がる
駅待合室では登山者と観光客が入り交じっていた
ここは日本一高い駅である

ロープウエイのゴンドラの窓越しに  2018.10.22 撮影
IMG_1049cr変換トリ2ss





向こうに冠雪した富士山が見えたが、写真では見えない
IMG_1065cr変換2s





千畳敷駅でゴンドラからを降りると、目の前に宝剣岳
(中央の高い山)と千畳敷カールが広がっている
IMG_1108cr変換s





千畳敷カールを約1時間かけてトレッキングもどきの散策、
斜面には先日降った雪が残っていた
雄大な大自然を満喫しながら(石ころだらけの道なので足下
ばかり気にしてそんな余裕もないが)気軽に登山気分を味わえる

夏は高山植物が咲き乱れ、少し前までは紅葉が
見られた場所だが、今は紅葉も終わり、草もみじ
IMG_1161変換3 ss





無機質な千畳敷カールに赤と黄の登山ウエアが良いアクセント
下山してコーヒーを沸かして休憩中だった
IMG_1115cr変換ss





日も陰り、気温は0度
斜面には雪
IMG_1169s.jpg




夜はホテルで山岳ガイドさんの説明で星空鑑賞会があり、
分りやすい説明を聞きながら空を仰ぐ

だが・・・・

生憎十三夜の月、満天の星とまではいかないが、
それでも素人の小生には十分の星
条件が良い日には星で埋め尽くされるそうだ

ガイドさん曰く、明朝4時頃には月も沈み、雲が無ければ良く見える
との事だったので、星景写真を撮りたくて4時に起きて、外に出たが・・・

ガ~ン 雲

残念
これで星が出ていれば・・・
面白くない写真だが記録として
IMG_1550トリ変s

1日目終了

関連記事
2018-10-25 20:41 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ