県西部を巡る

名勝 鬼が嶽と聞いてもピンと来ません
20年ほど前は温泉、宿泊施設、料理屋等があり、
結構賑わっていたらしい、井原市美星町にある紅葉の名所

今ではそれらの建物は廃屋となっていますが、
鮮やかな紅葉が当時の賑わいを想像させてくれます

こんな綺麗な所があるとは知りませんでした
もう少し整備すれば訪れる人も増えると思うのですが・・・
年配の方、若い人、何人かは訪れて写真に収めていました

2018.11.15 撮影
IMG_2364変s



IMG_2430s.jpg



IMG_2350s.jpg



IMG_2361s.jpg





中世夢が原へ行く途中にある白糸の滝
IMG_2524cr変換s





紅葉の後、美星町の中世夢が原へ
美星町は名前の通り星が美しい町で天文台もあります
又、美星豚でも有名?

そして矢掛町山ノ上地区(干し柿の里)へ行ってみました
ここは標高が高く、地形的条件を生かして、昔から干柿づくりが盛んに
行われており、秋になると各家には鮮やかな朱色の柿すだれが連なります
でも過疎化で生産者も少なくなっているようです

写真を撮ろうと思い歩いていると、柿を収穫
されていたので、声を掛けて撮らせてもらった
丸々とした大きい柿が沢山生っていたので
「毎年こんなに生るのですか」と聞いたら、
幹の周囲に毎年、2トンもの施肥と剪定をしているとの事でした
これだけ手間をかけて育てた柿、さすがに美味しかったです

しばらく干し柿作りの事、過疎化の事、剪定の事、
いろいろ世間話をして帰ろうとしたら、持って帰りなさいと、
採ったばかりの富有柿、カボチャ、柚子を下さいました
勿論初めての方ですが、親切で心温まりました
IMG_2544cr変換s





軒下に作られた干し柿用の棚には、きれいな朱色の柿すだれ
最近はイノシシが来るので、地面からかなり上に干しているそうです
昔はたくさん作っていたが、今は自家用と兄弟に送る分だけだそうです

ビニールハウスで強制乾燥しているのは正月に間に合わすためだそうで、
やはり自然の風に当てた天日干しが美味しいそうです
IMG_2555s.jpg





山の上地区から平野部へ下りた辺りの風景
田んぼには、はざ架け、向こうの山は色づき、深まりゆく秋を感じます
IMG_2567cr変s
関連記事
2018-11-18 16:53 : 紅葉 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ