列車の窓明かりが写り込む光景

先日行った時、雲が多く水を張ったばかりの田んぼは墨汁を
流したような空の写り込みだった

久しぶりに晴れたので夕焼けを期待して同じ場所でリベンジ

日が沈みうっすらと染まった空を背景に列車のシルエットが浮かぶ
そして田植えが終わったばかりの田んぼに列車の窓明かりが写り込む

境正章の「さらば恋人」のイメージでしょうか


2016.07.09 撮影
IMG_8606 (2)変換s
関連記事
2016-07-11 17:15 : 列車 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
お見事 写り込みですね

 ドンピシャ じゃないですか

 私は今朝はしんどくってごろごろ
 お昼前娘が来たら元気になって(笑)

 菜園しなかったから カラスが喜んだかも?
 また お天気よくないですね

 国分寺もヒマワリ綺麗だそうですね
 姉は昨日 笠岡道の駅にったら
ひまわりは刈り取られて コスモスが綺麗だったと
 話していました

  どこへも行かず 山里籠りが続いています~

 
2016-07-11 18:55 : 峠 美千子 URL : 編集
No title
なんだろうな~?一服の清涼剤の趣だな~!
遠い昔を思い出す光景の趣だな~!
仕事を終え快い疲れを背負いながら帰りを急ぐサラリーマンが、幸せに浸っている空間でしょうか!
2016-07-11 19:36 : おじさん URL : 編集
No title
 峠さん
どうしても夕焼けと写り込みが撮りたくて先日と同じ場所へ
行きました

ここのところ暑かったり涼しかったりで体調を崩しやすいです
ご自愛ください

ブッポウソウ撮りに行った時五重塔横を通りましたが、少し早かったですが、もうすぐ満開でしょう

これも年中行事なので行かなきゃ
咲いていました
2016-07-11 19:41 : masa URL : 編集
No title
 おじさん
そう感じていただけたなら幸いです
岡山から高松への下り線なのでおっしゃる通りの情景です

小生なぜか境正章の歌を思いました

一度こういう風景撮ってみたかったので焼けてくれて
良かったです

2016-07-11 19:57 : masa URL : 編集
No title
>岡山から高松への下り線なのでおっしゃる通りの情景です
昭和37~40年当時高松から単身赴任の設計屋さんが居ました。
私は倉敷から当時の岡山支店に通勤での勤務でしたが、何ででしょうかこの画像を見たら当時の情景が頭に鮮明に蘇りました。
凄い情景の画像をありがとうございました。<(_ _)>
2016-07-11 20:13 : おじさん URL : 編集
ゆれてる汽車の窓から
こういったシチュエーションまだ写せるのですね。
天気よければ行ってみたいです。

残念ながらパンダグラフが付いていますが。

撮るというのも向こう側からの心象を覗えるという楽しさがありますね。
勤めていたころ最寄りの駅までどう帰っていたでしょうか。
駅に近づくころ、ホームの明かりが見えたら、早く自転車に乗り我が家へたどり着き、一杯やりたいでしょうね(^^)。

中学から終の棲家としている倉敷から一歩も出たことはなく、帰ってきたよと感じたことはありませんが何処か心のふる里はありますね。
2016-07-12 02:38 : こーちゃん URL : 編集
No title
 おじさん
倉敷から岡山へ通勤だったのですか

この写真を見ると窓には人影も少なく見えます

小生関東で勤務していた時は痛勤地獄でした
満員で窓明かりも無く、こんな情景は撮れないでしょう
2016-07-12 10:02 : masa URL : 編集
No title
こーちゃん
周囲の田んぼは稲も大きくなっていましたが、ここだけは
最近田植えが終わったばかりでした

一日の終わり、人それぞれの思いを乗せた電車ですね
列車の窓明かりもいいもんです
2016-07-12 10:11 : masa URL : 編集
こんにちは~。
綺麗ですね~!!
夕暮れなのに何とも言えない清々しい一枚です。
水田に写り込む空のグラデーションも素敵ですね。
2016-07-15 17:36 : ふっくら URL : 編集
No title
ふっくらさん
こういう写真が撮れるのは田舎の特権でしょうか
久しぶりの晴れだったので夕方車を飛ばしました

こちらはゆったり座っての退勤電車です
2016-07-15 19:00 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

管理者ページ