美しい日本をホテルが走る

今日から8月
夏と言えば団扇
昔は生活の必需品でした

縁側での夕涼み、蚊の防止、炭の火起こし、かまど焚き、
それからフィルムカメラでの打ち上げ花火の多重露光
(生活の必需品ではないですね)等々・・・・

今では宣伝用ですかね

先日倉敷駅へ新幹線の切符を買いに行った時に
団扇をもらいました

2017年春からJR西日本が営業運転開始予定の
周遊型臨時寝台列車新型トワイライトエクスプレス
「瑞風」の宣伝です
斬新なデザインの電車
現在製造中

昨日朝のNHK TV地方ニュースでも放映していましたね
実物が走っているかのようなCG画像でした

停車駅では運行に合わせて改修・建て替えを行なって
いる所もあるようです

大阪、京都~下関間の運行
山陰コース     一泊二日
山陽コース     一泊二日
山陰、山陽コース 二泊三日

先代のトワイライトエクスプレスは伯備線を走っており、何度か
撮影に出かけました
今回は伯備線を走らないとの報道があり残念に思っていたのですが、
下記コースで一部折り返し運転で走ることに追加決定していました
   山陰コース(上り)1泊2日の2日目朝
   山陽・山陰コース(周遊)2泊3日の3日目朝
   折り返し運行区間  伯耆大山駅→岸本駅→伯耆大山駅

大山の美しい姿や四季折々の田園風景を楽しんでもらうため追加したとか
なかなかやりますね

これで楽しみも増えました
いえ 乗るのはちょっと無理なのでせめて撮る楽しみです

残雪の大山を背景に走る「瑞風」
出来れば岸本駅まででなく、そのまま倉敷に来て欲しかったです

我が県 岡山駅、倉敷駅にも立ち寄りが決定
マークはMIZUKAZEのMと美しい山々をイメージしたとのこと


IMG_2513 (2)変換S





3月に撮った 伯耆大山駅――岸本駅間
ここを走ります
来年春には三脚が乱立することでしょう
_MG_4454 (3)S
関連記事
2016-08-01 17:31 : 列車 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

撮る楽しみ
伯備線を一部走るとのこと、良いですね。

オシドリとコハクチョウとこの列車、楽しみが増えました。

大山を背にして好いですね。
ワクワクしております。
2016-08-01 18:58 : こーちゃん URL : 編集
No title
 こーちゃん
一部でも伯備線を走ることになって、撮り鳥、撮り鉄コースの
山陰行が楽しみですね

CGですが走っている瑞風カッコ良かったですよ

常山駅前の田んぼにハートマークアートが出来ていますね
2016-08-01 20:25 : masa URL : 編集
No title
戦後は団扇って必需品でしたね!
夏場は社宅の野球場のバックネットがスクリーンで結核やヒロポンの麻薬衛生映画と時代劇映画がセットでした。
美空ひばりの悲しい口笛とか良く見ました。
2016-08-01 21:02 : おじさん URL : 編集
No title
6月頃から 大山にいきてぇ 行きてぇ いいつつ
何かと差支えて 今が山里に・・・の、婿さん
いくかなぁ また・

 私は ついつい鍬担いで菜園に重きが・・・で
行き渋りです

 また いいお写真見せてくださいな(^^♪

 縁側の夕涼み
 近所のおじさんとおじいちゃんが どこどこに女の子連れ幽霊が
出るそうじゃ いっぺん みにいかんか
な~んて 話してるのを蚊帳の中で聞き
 えっ そこは学校帰り ●ちゃんと帰るとき遠回りだけど
通る道じゃが きょうてぇなぁ
 って 思っていた幼い日を思い出しました
2016-08-01 22:12 : 峠 美千子 URL : 編集
No title
おじさん
校庭での映画よく見ました
確かに時代劇は必ずありました
漫画もありましたね
結核やヒロポンの麻薬衛生映画は知りません
2016-08-02 10:33 : masa URL : 編集
No title
 峠さん
大山で暑気払い、いいですね
でも楽演さん忙しそうで・・・

インターハイの応援熱が入ったことでしょう
お孫さんとなれば尚更です
小さかったお孫さんがインターハイ出場
感慨もひとしおだったでしょう
爺婆孝行ですね

縁側の夕涼み
夏の夜の涼しくなるお話ですね
2016-08-02 10:48 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

管理者ページ