竜飛岬/青森旅行 6

5日目(8月8日 撮影)

今日は津軽半島を巡る旅
竜飛岬と五所川原市の「立ちねぶた」

新幹線本州最北端の新幹線駅
北海道新幹線新青森駅 - 新函館北斗駅間の開業に合わせて新しく
作られた「奥津軽いまべつ駅」
青函トンネルの竜飛口から約6 km の地点にあり津軽線の
津軽二股駅と隣接している
立派な駅だが人は見かけないし、駅前のロータリーも車は走っていない
IMG_6325 (2)s





階段国道
津軽半島東を国道339号線が走っているが、竜飛岬辺りの
一部が階段になっており車が通れない区間がある
階段国道と呼ばれており、車が通れない国道は日本唯一

写真を撮っていたら何も言わないのにポーズしてくれた
ひょうきんな若者達
ブログアップも快諾

この時期至るところでアジサイが咲いている
IMG_6451 (2)s





竜飛岬灯台
高い位置にあるためか?低い灯台
背後には真っ青な海が見えるのだが、生憎の霧で何も見えない
ちかくには津軽海峡冬景色歌謡記念碑が設置されていたが素通り
IMG_6416s.jpg





途中の展望台から竜飛岬を望む
♪ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと~♫
と言われても岬の先端は霧に覆われて見えない
写真右奥が竜飛岬
IMG_6477変換s





朝出発後、何処かで朝食の予定
市内を通り抜け青森湾沿いの280号線を北上するも食堂が無い
たまにあるが朝は営業していない
ならばコンビニでお弁当でもと思ったが、コンビニも見当たらない
吉幾三の♫テレビもねえ、ラジオもねえ おらこんな村いやだ~♫
の歌を思い出す

朝食抜きでとうとう竜飛岬まで来てしまった
やっと見つけた海辺の食堂で朝食兼昼食

中年おじさんがハーレーに乗って横浜から来ていた
話しをしたり写真をとったりのメンバー
IMG_6492 (2)変換s





竜飛岬を後にして、西側国道339号線を南下し、五所川原市へ
太宰治記念館「斜陽館」
金融業を営んでいた津島家6代の源右衛門(太宰治の父)が
明治40年に建てた太宰治の生家
洋間、和室と贅を尽くした19室の豪邸に驚き
IMG_6507s.jpg





斜陽館の傍にある津軽三味線会館
五所川原市金木町は津軽三味線発祥の地
ホールでは毎日、津軽三味線の迫力あるライブが行われている
力強い三味線の響きが心地よい
三橋美智也はこの地で有名な師匠につき猛練習をしたとのこと
IMG_6569 (2)変換s

さて 夜は五所川原市の「立ちねぶた」
関連記事
2016-08-16 11:22 : 旅行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
津軽海峡冬景色 この頃の石川さゆりは 好きでしたねぇ

まぁ コンビニもねぇ でしたか

さすが東北青森 

最後のお写真 いいですね
な~んか 津軽の煙 感じますねぇ
2016-08-16 20:59 : 峠 美千子 URL : 編集
No title
峠さん
竜飛岬
暑かったですが、冬は厳しい寒さなんでしょうね
打ち上げる波、竜が飛ぶような形に似ているから竜飛岬とか
昼食したレストランも冬は閉鎖なんですよ
昼食、やっとありつけた感じでした
2016-08-16 21:50 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

管理者ページ