黄金列車


今日は鉄道の日
という訳でもないのですが又々列車ブログです

昨日は異様な夕焼けでしたね
いつもの黄色い列車ですが天の力を借りて
黄金列車に大 変身です

北が暗く南は明るく堺が少し赤く
染まり火山が噴火したような雲
こんな夕焼けも珍しい

もっと全体が赤く焼けたのですが
ピーク時には列車が来ません
2017.10.13 山陽本線 
IMG_6291cr変換 (2)s





福山からの帰りきれいなうろこ雲
焼けたら奇麗だろうな~と思いながら
期待して線路脇で待機していたが・・・・・
IMG_6139変換s





結局このうろこ雲は焼けずに消えてしまったので
帰ろうとしていたら西の空が少し赤くなり日が差した

これは西日で車体が輝くのではないかと思い線路の
反対側へ移動したら案の定黄金色に輝いた
暫くすると西の空が異様に赤くなり一枚目の写真が撮れた
IMG_6232cr変換2 ss





最初の位置に戻ったらさらに赤く焼けて来たが
ほんの数分で消えてしまい、列車は撮れなかった
残念!!
これで一枚撮りたかった
IMG_6326cr変換s
関連記事
2017-10-14 17:40 : 列車 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

感動しました
天、地上、撮り手…三拍子揃った写真は文句なく感動を呼びます。凄い。しばし次の言葉が出てきません。爆発の夕陽で染まる黄金の列車は「自然への畏敬の念」を感じさせます。写真家としての執念の成す技とは思いますが、私には、度々福山への親孝行をされている帰路成ればこそ天からのお返しかと。
2017-10-15 00:19 : Sryu URL : 編集
No title
上手いこと 夕焼けに染まる列車 撮影ですね!!

私は 夕焼けの感動撮れそうもなく いつも 窓から眺めます
綺麗じゃなァ って。

 一枚目 三枚目 列車 さすがじゃなァ って !!
2017-10-15 08:24 : たーちゃん URL : 編集
No title
夫々に味があり良い仕上がりですね~!👏👏パチパチ
2017-10-15 13:30 : おじさん URL : 編集
No title
こんにちは。
これは素晴らしい絵ですね。
時間まで粘る気持ちが出ています。
勉強になりました。
2017-10-15 14:50 : さゆうさん URL : 編集
No title
 Sryu さん
天、地上は文句なしですが、三拍子目がね・・・
身に余るお褒めの言葉、返事に困ります

天からのお返し
親孝行もするもんですね

刻々と変化する雲の色、形
早く来ないかとヤキモキしながら撮っていました

この先撮れないだろう光景に出会えてラッキーでした
2017-10-15 17:42 : masa URL : 編集
No title
 峠さん
運良く焼けてくれました
おまけに列車の後ろが暗かったので浮き上がりました

最後の一枚に列車が来なかったのは残念ですが
自然相手ですから撮れただけで満足です

2017-10-15 17:47 : masa URL : 編集
No title
 おじさん
明るい時の写真も良いと思っていたのですが
これが撮れるとアップ出来ませんでした
 
2017-10-15 17:49 : masa URL : 編集
No title
 さゆうさん
粘ったというか焼け始めてからは列車が来るのを
ヤキモキしながら待っていました
どれくらい時間が過ぎたのかわかりません

遮断機の音が聞こえた時は鳥肌もんでした
2017-10-15 17:56 : masa URL : 編集
凄かったんですね
この日散歩中、帰ってからカメラ持ってこようか思ったんですよ。
家に帰る頃そうたいしたことないだろうと引っ込んでしまいました。
ダメもとでも引き返すべきでした。

列車が通過したら最高だったでしょうね。
2017-10-15 19:13 : こーちゃん URL : 編集
No title
 こーちゃん
あまり期待せずに待っていたのですが最後に急変して
予想していなかった焼けになりました
わからないものです
ぐづついた天気が続くこの頃ですが奇跡的でした

達磨はついていませんがこの日はラッキーでした
2017-10-15 20:47 : masa URL : 編集
No title
masaさん こんばんは。

○○カメラ の 雑誌から 飛び出てきたような
見事な 写真ばっかり。 いやはや 参りました。
masaさんに しては ごく自然の 事でしょうが・・・。
2017-10-15 20:50 : 楽演 URL : 編集
No title
 楽演さん
このような場面に遭遇するのは難しいですが、
あとはシャッターを押せば誰でも撮れます
運任せの撮影でした
焼けが失せない間に列車が来たのも幸いでした
2017-10-16 13:02 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

管理者ページ