追憶


短かった夏休みが終り、当地域の小・中学校では今日から2学期が始まった

特別な夏休みになった子供達、どう過ごしたのだろう
海に山にも行けなかった子も多いのでは・・・





我が少年時代の追憶
_MG_353白黒s





IMG_6187トリ変換白黒sぼかし





_MG_3319トリs
というイメージで・・・

2020-08-26 14:24 : 2020 その他 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
セピア色ですが、我が少年時代には瀬戸大橋は夢物語で昭和30年の宇高航路の紫雲丸事故は覚えています!

当時はラジオだったので、亡くなられた方々の名前が次々に放送されていました!

25年小学校入学なので、当時は酒津の川渡し場付近で雑魚釣りや、調整池に水を送る為の本流の樋門下流の捨て石部分で手長エビを追っかけていました!

他には桜土手の桜の木にとまる蝉を追っかけていました!

調整池の5つ樋門も遊び場でしたよ!

昔のことを思い出させてくれる良いブログですね~!👏👏いいね!
2020-08-26 15:55 : おじさん URL : 編集
No title
おじさん
紫雲丸事故は当時、新聞記事を見たのを覚えています
瀬戸大橋を架けるきっかけとなった事故でしたね

特別な夏、短い夏休みを終えて、今日から2学期、どんな思いで登校したのでしょう
そんな事を考えながら、小生の子供の頃の夏休みとダブらせて追憶、セピア色にしてみました
2020-08-26 19:44 : masa URL : 編集
No title
追憶写真 いいですねぇ
カーキ色昭和の色ですねぇ じぃ~ん

 気温28度でも高温ニュースで紙面飾っていた時代
自転車で アイスクリン 売リが来ていた夏

 おじいちゃんが畑から大きなスイカを持って帰り
物干しざおには なが~いかんぴょうが干されていた夏

 あの夏 私はおかっぱ髪で お玉人形みたい と
笑われながら おままごと遊び 木陰でしていたっけなァ・・・ 
蝉捕りは女の子だから しなかったなァ
2020-08-27 05:35 : 峠 美千子 URL : 編集
追憶写真
カーキ色?セピア色?昭和色?
良いですね。

子どもの頃近くに海は無かったので、川や池で魚釣りに行っていました。
セミ採りも。

昨日、バドミントン仲間の鉄子さんが美袋の写真展に出しましょう言ってました。
条件が有るので瀬戸大橋線はダメですが。
2020-08-27 05:47 : こーちゃん URL : 編集
No title
おはようございます。
マサさんの少年時代が、目に浮かびました(笑)
いつもながら、上手に懐かしい少年時代を
写真で表現されていますね。

とうとう、あれほど騒音だった蝉の鳴き声が
ピタリと止まってしまって、秋になっているのですね。
猛暑、コロナとダブルパンチでしたが、後少し
何とか乗り越えたいものです。

日本一の駄菓子屋をご存知ですか、
あそこへ行くと、懐かしい昭和のオモチャもあるんですよ。
2020-08-27 07:44 : ぶるーびー URL : 編集
No title
おはようございます
なんと~懐かしいじゃないですか
こんな時代もあったんですね~
一息つかせていただきましたよ、おおきに♪

それにしても「アブラゼミ」はまったくみなくなりましたね
小学生のころ母に手作りの蝉取りを作ってもらって
毎日蝉取りに明け暮れてたことを思い出しました
その頃はアブラゼミとチィチィゼミばっかりでした
ほんまに~懐かしいわ~~~
2020-08-27 08:54 : noko URL : 編集
No title
峠さん
そうですね
あの頃は30℃越えは珍しくて、クーラーもなく、夜は外で涼んでいましたね
昼にはチリンチリンと鐘を鳴らしながらアイスキャンデーを売りに来ていました
たまに買ってもらうと嬉しくて・・・

昼食後は近所の子達と連れなって池へ泳ぎに、浮き輪代わりに桐の棒を担いで行っていました
皆真っ黒に日焼けしてね
今は環境の変化でシャツを着て泳いでいますね
2020-08-27 13:47 : masa URL : 編集
No title
こーちゃん
追憶はやはりセピア色でしょうか

小生は釣りも泳ぎも池でしたね
底が土なので大勢で泳いでいると水が茶色になっていましたが、目にはよくなかったでしょうね
見張りの親がいる訳でもなく、今から思うと危険だったですね

セミは蜘蛛の巣を輪っかに巻き付けて捕っていましたが、上手く撮れなくて・・・
2020-08-27 13:53 : masa URL : 編集
No title
ぶるーびーさん
短かかった夏休みが終り、元気に登校している子供達
世の中コロナで沈みがちですが、始業式で「2学期も頑張る」と健気に答えていた小学生を見ていると目頭が熱くなり、年甲斐もなく遠い昔の夏休みを思だしました

我が家のクマゼミもお盆を過ぎたら、申し合わせたようにピタッと鳴かなくなり、夏が終った感じですが、まだまだ暑そうです
庭の水遣りをしていたら、葉陰からコオロギが慌てて出て来ます
間違いなく秋は近づいています

日本一の駄菓子屋は知りませんでした
ネットを見ると昭和から令和までのお菓子が一杯ですね
子供を連れて行くと喜ぶでしょうね


2020-08-27 14:04 : masa URL : 編集
No title
nokoさん
はい 小生もこんな時があったのですよ(笑)
セピア色にすると何故か昔感が出ますね

お母様手作りの蝉取り?どんなんだったのでしょう
優しいお母様ですね
小生は田舎育ちですから、竹棒の先に針金で輪を作り、蜘蛛の巣をグルグルと張り巡らしてセミをくっつける方法でした
勿論自作です
なのでセミを見つける前に蜘蛛の巣を見つける必要があります
当時はクマゼミは滅多にいなかったですが、今は庭のセミはほとんどクマゼミで、ニイニイゼミ、アブラゼミは見かけなくなりましたね
2020-08-27 14:17 : masa URL : 編集
No title
masaさん再びのお邪魔です
チイチイゼミじゃなくってニイニイゼミなんですね~
蝉取りですが竿の先に針金で輪を作り、
蜘蛛の巣じゃなくって布袋の違いだけだったんですね

この時代があったので、いまだに桜の木の下を通ると
蝉がガンガンないてると、立ち止まって上を見て探すんですよ~~
他人さんがみたら滑稽でしょうね。。。
今年はあんまり外に出てないので見ずに終わりました(笑)
子供のころの想い出を懐かしむことができておおきに♪
2020-08-27 17:22 : noko URL : 編集
No title
nokoさん
ご丁寧にありがとうございます
そちらではチイチイゼミと呼んでいたのかと思いました
先日、山歩きしていたら、子供の時以来ニイニイゼミを見ました
いつも庭のクマゼミばかり見ているので、こんなに小さかったかと、懐かしかったです
2020-08-27 20:50 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ