コゲラ

鳴き声からは想像出来ない愛くるしい顔をしています
体長15cmこんな小さな体に小さい口ばしでよくも穴をあけるものです

穴をあけるので樹木を傷めるのではないかと思われがちですが コゲラは若い木ではなく 腐りかけた枯れ木を利用することがほとんどです また、コゲラの古巣はほかの鳥のすみかとしてもとしても再利用されることが多いようです




木に付いている虫を食べています
092_20120618194354.jpg




腐った木に巣穴をあけることが多いのですが これは竹にあけています
少し枯れた竹のようですが固いはずです
中が空洞であることを知っているのか?幹にあけるより効率が良いのかな
穴の位置が節の部分なのは底があることが分っている?のでしょうか
それとも
節に足を引っ掛けるためなのか?
029_20120618194353.jpg
関連記事
2012-06-18 19:48 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

管理者ページ