京都が燃える

京都が燃える
燃えるはずです 
当日の気温36℃!!  16万人の人出!!

17日、京都祇園祭の山鉾巡行を見に行きました
絢爛豪華な装飾に彩られた33基の山鉾が勇壮に都大路を練り歩く祇園祭の見どころです

この祇園祭、17日の山鉾巡行は知っていましたが、何と7月1日の「吉符入り」に始まり7月31日の「疫神社夏越祭」まで1ケ月に渡り色々な行事が行われるとは知りませんでした 
その一つが「山鉾巡行」なんですね

山鉾が33基もあること、そして鉾の大きいことにはビックリです
重量約7~9トン、地上から鉾頭まで約25m(ビル8階くらい)、車輪の直径2m前後
これを釘1本も使わず縄だけで組み立てるのですから驚きです

着いた時、沿道はすでに人だかり
撮影もままならない状態でしたが・・・・
場所を移動し、なんとか前に陣取ることが出来、次から次にやってくる各地区ご自慢の山鉾に感動しながら
汗だくでの撮りまくり

メモリも容量アップ、暑さで私もアップアップ
昼に飲んだ正真正銘の生ビール 中ジョッキ一杯100円 美味しかった~~
日本の夏、京都の夏 最高!!!

18時から八坂神社を3基の神輿が出るところも見どころと言う事でしたが・・・・
さすがにそこまで頑張る気力なし
ほろ酔い気分で電車に乗り込みました

何枚かの写真で雰囲気を伝える事は無理です
どれもこれもupしたい写真ばかりで選ぶのもアップアップです





長刀鉾
巡行の順序は毎年くじ引きで決まりますが、「くじ取らず」として毎年必ずこの長刀鉾が先頭を行きます
鉾頭にある長刀は疾病邪悪を払うためのものです
153.jpg




前の鉾が方向転換して行った後、後続の鉾が曳かれて来ます
衣装も山鉾毎に異なります
462.jpg




山鉾巡行の見せ場、辻回し
車輪にロープを掛けて準備中
人の背丈より大きい車輪です
262_20120720211342.jpg



割り竹を車輪の前に敷き、水をかけ、音頭取りの扇子さばきに合わせて、曳き手が掛け声とともに曳き、車輪を
滑らせて鉾を廻します
無事方向転換すると沿道の観客が一斉に拍手です
349_20120720155729.jpg




方向転換する時に使う竹と竹に水を掛ける桶が置いてあります
206.jpg




方向転換するまで後続の山は待っています
方向転換が終わると山も続いて巡行です
161.jpg




絢爛豪華な胴懸
浴衣姿は囃子方
紐が囃子方が鳴らす鐘に合わせて上下に揺れています
139.jpg
関連記事
2012-07-20 21:06 : 旅行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

管理者ページ