備中神楽

10月18日、19日の2日間、倉敷阿智神社の秋祭りがあった。
18日の夜は神振る舞いがあり子供備中神楽の舞、倉敷天領太鼓の演奏などが行われた。

今回の備中神楽は井原市から来た子供達です。井原市には備中神楽伝承道場があり、小学生、中学生が郷土の伝統文化を継承するため、練習に励んでいるのです。

皆おとな顔負けの演技でビックリです。台詞も長いし、相手との呼吸も合せなくてはいけなし、練習の賜物でしょう。

この備中神楽、私が子供の頃はどこの町でも、秋祭りの夜、神社の境内に畳を敷き、夜中まで舞っていたものです。秋の稲刈りが終わり、豊作を感謝する秋まつり、今と違ってテレビもゲームも無かった時代の楽しみでもありました。

中でも人気があったのは大黒さまと八岐大蛇退治でした。大黒さまはお菓子、お餅が入った大きな袋をかかえて出てきて、客席に投げ入れるのです。観客はこぞって拾ったものです。

国の重要無形民俗文化に指定されているこの備中神楽、なつかしく拝見させてもらいました。
末永く伝承していって欲しいものです。

舞ってくれた井原の子供たちに拍手。



須佐之男命(すさのうのみこと)です。八岐大蛇を退治した人です。137ブログ



秋の夜長、熱心に見入るお客さん。阿智神社にはこのような立派な舞台がありlます
116ブログ




八岐大蛇が好きな酒を飲んでいるところです。酔っ払ったところに須佐之男命が出てきて退治します
173ブログ

関連記事
2008-10-19 17:47 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

今日は・・
 昔は農村舞台なども彼方此方にあり この様な
催しが行われていたのでしょうね・・
時代の流れといえば そうかも知れませんが 文化財
として 守らなければならなくなってしまって残念ですね
そして 何時まで 続けられるのかも心配です・・

阿智神社立派な舞台があるのですね・・ 皆で何時までも
この舞台を守って欲しいと思います
2008-10-23 09:36 : 徘徊爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

管理者ページ