島めぐり その3

2日目
夕陽が駄目なら朝陽があるさ
と言うわけで早く起きて外へ出てみたが・・・・
位置的に海から昇る朝陽は無理

今日は西表島と由布島の観光だ



月が残る朝焼けの空に「とっくり椰子」のシルエット/ホテルの庭
7200.jpg



石垣港から西表島 大原港までは高速艇で約40分
船内から見る海の色がきれい

西表島はイリオモテヤマネコで有名ですよね
約100匹生息していますが、夜行性なので地元の人もあまり見ることが
ないそうです

そのイリオモテヤマネコを保護するために写真のような看板を設置したり、
道路脇の側溝をU字形ではなくV字形にして子猫が落ちてもはい上がれる
ようにしたり、道路を横断中に車にはねられない様にイリオモテヤマネコ専用
トンネルを設置してあります
098_20150219124224ea5.jpg



<仲間川マングローブクルーズ/西表島>
大原港からガイドさんの説明を聞きながら仲間川をさかのぼります
往復一時間のクルージングです
島の90%が亜熱帯のジャングルに覆われ、川の両岸はマングローブが
生い茂り原始の姿をそのまま残しています

日本にもこんな所があるんだ!!

運が良ければカンムリワシが見られるとの事だったのですが・・・・
姿を見せませんでした
194_20150219124223755.jpg



「マングローブ」とは木の名前だと思っていたのですが、マヤブシキ、
ヤエヤマヒルギ等複数の木で構成されている林の事でした
知りませんでした

海から10km位までは海水が混じっているそうですが、枯れないのは木に
浄化作用があるとのこと
塩水でも生きられる不思議な木達です
1840.jpg



民家に咲く桜とブーゲンビリア
3100.jpg



<由布島>
マングローブクルージングの次は西表島から牛車に乗ってで由布島へ
ゆっくり ゆっくり のんびり のんびり 進みます
牛歩ですね(笑)

島へ牛車で渡るのも珍しいですよね
水牛なので水は怖くないでしょう

西表島~由布島までは400m 牛車で15分の渡しです
浅瀬になっておりこの時は水深10cmくらいだったでしょうか?
170_201502191814343eb.jpg

<続く>
関連記事
2015-02-19 19:55 : 旅行 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

同じ国?
益々行って見たいです。
シルエット、民家の屋根を背景にした桜とブーゲンビリア等、好い雰囲気です。
暖かかったでしょうね。
同じ国でもずいぶん違いますね。
今朝は、海から昇る朝陽が見える場所で、手をかじかませながらシャッター押しました。
何時ものように厚い雲に邪魔されましたが。
2015-02-20 12:51 : こーちゃん URL : 編集
No title
牛車に乗ってですか?
お写真眺めながら 平安人 見てるようです
素敵ですねぇ

 ため息です
 こんな風景の中に 居られたのねぇ・・・・
2015-02-20 15:50 :  峠 美千子 URL : 編集
こんにちは
TVでしか見た事の無い牛車に乗っての~んびり。
せかせかとした日常生活から抜け出してこんなゆっくり、のんびりの生活がしてみたいですね。
南国の雰囲気のでた写真にうっとりです。
2015-02-20 17:35 : ふっくら URL : 編集
No title
こーちゃんさん
良い被写体は一杯あるのですが・・・・
腕も無いし、時間も無いし
たくさん撮ったのですがゴミ箱直行便ばかりです(泣)

写真撮るなら梅雨明け2週間くらいがベストです
パンフレットに載っている写真はこの時期のものです

達磨残念でしたね
明日は良さそうですが・・・・
2015-02-20 20:05 : masa URL : 編集
No title
 峠さん
そうです
牛車に15人くらい乗って島へ渡ります
ぎゅうぎゅう詰めです
水牛なので水は好きですが、昨年夏は暑くて倒れたそうです
モー大変なんですから
2015-02-20 20:14 : masa URL : 編集
No title
 ふっくらさん

心地よい海風、三線の音色に沖縄民謡
牛車に乗っての~んびり

沖縄とは違った味わい
ここは時が止まっていました
2015-02-20 20:32 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

管理者ページ