サザンカの道

降ったり止んだりのどんよりした一日
朝歩いている途中に雨が・・・


2020.02.16 撮影
_MG_9295変4s





_MG_9338トリ変s





公園の河津桜
二輪咲いているのを見つけました
週明けは寒気が来るようで、開花はもう少し先ですね
_MG_9261変s





途中で出会った山羊さん
あごひげも白黒です
_MG_8928s.jpg


2020-02-16 17:15 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

大山編 / 山陰撮影行

コハクチョウの北帰行が始まる迄には行きたいと思っていた山陰撮影行
朝の青空を見て、この先しばらく天気も悪そうだし、急遽出かけた

好天に恵まれ、一日中大山が雲にかかる事は無かった
毎年行っているが、こんな日は初めて!!
お陰で大山、コハクチョウ、列車、オシドリと撮れ高多き一日となった





明地峠展望所では雪が積もっていた
遠くに冠雪の大山が見える  2020.02.11 撮影
_MG_8508変消去トリs





冠雪の大山に思わず「ウォ~」
_MG_8500cr変換トリ2s





_MG_8475変3s





_MG_8526変s





_MG_8799変換s

2020-02-12 16:07 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

感激でした!六島小学校


水仙畑の一番上にある白い灯台まで坂道を上り、
撮りながら、休みながら咲き誇る水仙を満喫
帰りの船まで時間があったので六島小学校を訪問してみた




集落の上、山の斜面に2階建て校舎が見える
2020.02.04 撮影
_MG_7263変5s




海岸通りから学校への坂道を上って行くと、子供達の大きなの声が聞こえた
校庭で先生と子供達がサッカーをしていた
私達の姿を見るとサッカーを止め全員こちらを凝視
近づくと子供達が近寄って来て「こんにちは」と挨拶してくれた

授業の間の休憩時間だったようだ
色々と話を伺うと学校行事は全て島民と一緒
全校児童は2人だけで担任の先生が一人
小豆島の小学校を舞台にした、先生と12人の生徒の
心温まる映画「24の瞳」を小学生の頃?見たが、ここでは4の瞳

中学生になると笠岡本土まで笠岡市の船で通学
島には自動販売機はなく、店は一店あり、カップラーメン、チョコレート等はあるが、
殆どの生活用品は笠岡本土まで定期船で買い物に行くなど、
島の生活について話しをしてもらった

校庭で遊ぶ全校生徒と先生 校舎屋上から撮影
_MG_7682変s





小生がカメラを持っているのを見てだろうか
校舎の屋上からの景色が素晴らしいので、是非ご覧になって下さいと言われ、
鍵がかかっている門を特別に開けて戴き、屋上へ案内してもらった

屋上からの眺めはまさに絶景
青い海が広がり、遠くに瀬戸の島々、瀬戸大橋、四国の讃岐富士が見える
この沖は航路になっており、時々大型船が通るので、その時は授業中でも皆で眺めるそうだ

校舎屋上からの眺め
_MG_7686ss.jpg





青い海が印象的
_MG_7692s.jpg





廊下に貼ってあった数々の写真
校外活動の楽しそうな写真がいっぱい
やはり本土へ渡って色んな経験をしているようだ
新幹線も新倉敷から岡山まで無料乗車体験もあった
大人になっても忘れられない島の想い出になるのでしょうね
教室を覗くと小さな机が2台並んでいた
_MG_7720変s





写真の中の一枚
いいね~
_MG_7713トリs





折角なので写真を撮らせてもらった
担任の男の先生は西部の松坂投手にソックリ
ユニホームを着て松坂投手と並んでも見分けが付かないだろう
先生曰くよく言われます
六島の松坂だと
_MG_7722sぼかし2





帰り際に先生が「ちょっと待って下さい」と
児童が持って来た箱の中から取り出したのは・・・
子供達が折った水仙の折り紙
二人がきちんと並び、私達の前で
「私達が心を込めて折った水仙です」と言って渡してくれた
初めて会った見ず知らずの私達に・・・
いや~感激のあまり、目頭が熱くなり、心が洗われた気持ちになりました

急に訪れたのに暖かく迎えて戴き、記念品まで貰いました
先生、子供達ありがとうございました
_MG_8107トリs





港近くに10匹くらい半野良猫がいて、歩いていると人なつっこく近寄ってきます
堤防の上で退屈そうにしていたので、モデルをお願いした
「今日は天気が良くて海がきれいだニャン」・・・
_MG_7757s.jpg





_MG_7447トリ変s700


2020-02-07 13:58 : 風景 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

幻想的でした

昨日朝は濃い霧が発生
風も無く鏡のような湖面を霧が包み、どんよりした空模様
晴れた日では見られないモノトーンの世界
いつもと違う幻想的な風景でした
この先、暫く晴れた日は望めそうにありませんが、こういう天気は歓迎ですね
この風景を撮りに行った訳では無く、たまたまの出会いにラッキーでした

霧に包まれた児島湖   2020.01.24  撮影
_MG_6294変2s





IMG_7874変換2s





_MG_6257変換3s





_MG_6226トリs





_MG_6232変s
2020-01-25 15:55 : 風景 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

漁港の作業風景


一目見て何?でしょうが・・・

底びき網漁船の網を放水洗浄している光景です
夕日でオレンジ色に染まって綺麗だったのですが、
空と海をもっと入れた方が良かったかな
2020.01.11 撮影
_MG_5252変2s




夕方ですが、明朝の漁に向けての準備?
赤、黄、緑のランプが印象的だったのですが・・・
_MG_5272cr変館s


2020-01-17 18:46 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

赤い絨毯

備中国分寺近くのサザンカ
花びらが落ちて赤い絨毯に

2019.12.28  撮影
_MG_3271変3s





_MG_3274s.jpg





ホトケノザ
春の七草ですね
五重塔東側の菜の花はまだ小さい苗でした
昨年の今頃は咲いていたのですが・・・

五重塔のライトアップが始まっています
来年2月29日(土) まで 18時~22時
_MG_3327トリs
2019-12-28 16:44 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

冬を通り越して春が来た

もうすぐお正月と思っていたが、ここは冬を通り越して春です
満開の桜にメジロが・・・

倉敷美観地区入り口の歩道にあるヒマラヤ桜
毎年この時期に咲いていますが、通る人もあまり気づかないようです



2019.12.21 撮影
_MG_2869変ss




一足早いサクジロー
_MG_2974トリ変換立てs





_MG_2951トリ変2s





_MG_2991トリ変換2s
2019-12-23 21:34 : 風景 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

晩秋の山並み

津山線の俯瞰撮影で行った山頂からの眺望
橙色に染まった山並み、ピークは過ぎており晩秋の装いです
列車の待ち時間もこの景色を見ていると退屈しません

2019.11.29 撮影
_MG_8604変s





北は遠く冠雪の大山、南は四国の讃岐富士が見えました
白く見えるのが大山南壁、頂上は雲に隠れています
_MG_8353変トリsss





うっすらと霞がかっている岡山市街
右端に岡山ドーム、中央辺りに岡山県総合グラウンドの紅葉したフウの木が見えます
これを見て思いつき、帰りに寄って見ました
_MG_8371変3s





_MG_8734cr変換s
2019-12-01 08:14 : 風景 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

野焼き

この時季、野焼きの風景をよく見ます
あちら、こちらで煙りモクモク
初冬の風物詩でしょうか

2019.11.24 撮影
_MG_7733変2s


2019-11-26 16:55 : 風景 : トラックバック : 0 :

晩秋の深山公園

久し振りに深山公園を散策
公園も晩秋の装い、紅葉も終りに近づいていました

今日はみやま公園まつりが開催されていました
朝早かったので駐車場は空いていましたが、帰りは
入り口の駐車場も赤松池の駐車場も順番待ちの大混雑でした




ここだけはきれいな紅葉でした 
イノシシが芝生を掘り返した跡があります
 2019.11.23 撮影
_MG_7399変s




何処でも見られる林ですが晩秋の黄葉もいいですね
_MG_7473s.jpg




モミジ谷は落葉でしたが散って又良し
_MG_7425変換2s




赤松池
毎年冬鳥が多く飛来しますが、オナガガモとヒドリガモが殆どです
子供達がパン屑を投げると一斉に集まって来ます
_MG_7529tori s
2019-11-23 19:32 : 風景 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

masa

Author:masa
倉敷市在住の男性です。
近くの風景、花、野鳥、日常の出来事を気ままに撮っています

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カウンター

管理者ページ